副店長のオススメ品

いつもご覧頂きありがとうございます。
副店長を務めますわたくしがオススメする商品を定期的にUPしております。
冗談も交えて楽しく?ご紹介しておりますので、どうか軽く流して下さい。
商品は売り切れ御免です。欲しい商品がございましたらメールまたは電話にてご連絡下さい。
ご利用をお待ちしております。

CONTAX以外のカメラ&レンズ

5Dです。

今さらですが5Dです。
MkIIでもIIIでも6Dでもなく5D初代です。
_MG_9093
_MG_9094
ご覧のように使用感はかなり低くA-ランクです。
付属品も元箱含めて必要なものは全て揃っております。
揃っているどころかグリップBG-E4までもついています。
_MG_9095
それだけでは、このコーナーでご紹介しないのですが
実はコレ、ミラーが削ってあります。
これから削ろうと思っている方もいらしゃると思いますので
参考になればということでのご紹介です。
削りの深さは個体によりますがコレ位が標準的です。
この個体はD35/1.4、D18/4、T45/2.8で使えるように削ってますね。
D28/2で使うには左右もう3mm位づつ幅を広げる必要がありますね。
あっ、言い忘れましたが削る時は安いリューターを買って
細目砥石をセット。2,000〜3,000rpmの低速で焦らず気長にやりましょう。
ゴミ対策はレジ袋に切れ目を入れてミラーの先1cmだけ顔を出すようにすれば無問題。
どうですか参考になりましたか?
初代をお探しでしたらコレ買ったほうが安上がりですけどね。


5D+BG-E4 A-ランク     ¥63,000−

***** SOLD OUT、 お買い上げ ありがとうございます*****



P25+探されている方、お急ぎ下さい。

コダックセンサー搭載で49.1×36.8mmの大型フォーマット。
その発色で今だ根強い人気のフェーズワンP25+。
そのハッセルVマウントが委託品で入荷いたしました。
IMG_0057
IMG_0060
程度はAB+ランクで使用感は低め。
ショット数も2万6000と低め。
ラインノイズもございません。
IMG_0062
付属品は全て揃っているどころか
ファイヤーワイヤー400−800変換アダプターや
1万円の別売りバッテリーがプラス4個。(内3個はほぼ未使用だそうです)
ただ残念ながら充電器の接点バネが1つ効いていない為
現時点ではバッテリー2個同時充電はできません。
(底ネジ外して簡単に治りそうですけど・・・)
IMG_0064
ケースも弊社でデジタルバックの取り扱いを始めた2年前は
プラ製の黒いペリカンケースが付属されていたのですが
ここ数ヶ月前からはそのケースも別売りにされてしまったのですが
さらにその前はこんなに豪華なケースが付いていたんですね。
フェーズワンロゴ入りの豪華アルミケース。
これら全て一式揃って

PHASE ONE P25+   ¥630,000-  (委託品)

***** SOLD OUT、 お買い上げ ありがとうございます*****


予想外に反響があったので

約4ヶ月前に自分と同じ変わり者がいれば買ってもらえるかな?
ということでご紹介させていただいたKENKOマクロテレプラス。
http://blog.livedoor.jp/hearts_and_minds/archives/1747124.html

これが以外や以外、かなりの購入希望者がいらっしゃいました。
今回、新たな商品の入荷がございましたのでご紹介させていただきます。
IMG_9986
IMG_9992
状態としては外観が前回よりやや落ちる感じですが
使用感は低くヘリコイドはスムース、レンズはもちろんスッキリ。
ただ、ひとつ難点が・・・
ヘリコイドリングのガタ。
コレ聞くとヘリコイドのガタと勘違いされる方がいらっしゃると思いますが
今回の商品のガタはあくまでも”ヘリコイド”ではなく”ヘリコイドリング”です。
では、どう違うかというとネジのように凸凹のリングを組み合わせて
長さを精巧に変えるのがヘリコイド。
そしてこのヘリコイドは聞くところによるとレンズにもよるそうですが
5/1000mmくらいのクリアランスで作られているそうなので
もしここにガタがあると完全に直すのはかなり難しく
さらにショック品の可能性が高いのでかなりの問題ですが
そして、ヘリコイドリングはそのヘリコイドを回転しやすくする為に
ヘリコイドの周りに被せてある単なるリング。
わかりやすく言えばレンジファインダーレンズなどによく見られるフォーカシングレバー。
これが少し緩んでいるのと同じ状態。
ですから実用上は全く問題ありませんし
ある程度知識のある方はたぶん簡単に直せると思いますよ。


KENKO Macro TELEPLUS MC7  ¥O.O 今回もマウントはYCです。

激安!!憧れのデジタルバック

素人にはとてもとても手の届かなかった中判デジタルバックも
ペンタックス645Dの発売以降、大分、身近になってきました。
とはいえ、まだまだ100万円の世界。
普通の感覚からするとそうそう手が出せる金額ではありません。
でも使ってみたい・・・・そんな方に
こんな委託品が入荷しましたけどいかがですか?
IMG_9892
IMG_9893
IMG_9895
PHASE ONE H20 ハッセルマウント。
1600万画素の36.9×36.9スクエア画面。
IMG_9890
付属品もご覧の通りキャプチャーワン、ファインダーマスク他
写真に載せるの忘れましたがシンクロケーブルもありますの充実ぶり。
気になるお値段は
PHASE ONE H20  ¥94,500−
***** SOLD OUT、 お買い上げ ありがとうございます*****



あっと忘れてました、さらに付属品
IMG_9891
ケーブルです。
ケーブルなんていらないよ?
いえいえ、このケーブルとっても大切ですよ。
実は、この2昔前のデジタルバックは全てパソコンに繋いで
操作しなければならないのです。
しかもバッテリー供給からデータ保存まで全て。
ということでその使い道はかなり制限されてしまいますが
用途的にバッチリとあう方にはかなりのお買い得です。
(ちなみに当店でテスト撮影してみましたがラインノイズ含め
問題はありませんでした。)

NAM-1改造、委託品で初登場

NAM-1
コンタックス645用レンズをN1,NXで使うことが出来るアダプター。
IMG_9516
IMG_9517

このアダプターを改造することで全ての645用レンズを
レンズには全く手を加えることなくEOSで使うことが出来るようにした
とても便利なアダプターがあります。
_MG_9882
_MG_9883
もちろん電気絞りもオートフォーカスも作動しますし
Exif情報もきちんと記録されるという優れものですが
(他のレンズとの重複を避ける為と思いますが写真の
Planar80mmは81mmと記録されます。)
問題はその価格と納期。
日本の取次ぎ業者にお願いすると改造費用が115,500円。
さらにNAM−1本体の価格も考えるとかなりのお値段。
そして、さらに問題なのは納期。
3〜12ヶ月と、はっきり言ってあってないようなもの。
ここまで時間とお金が掛かるものですから
それを手放すという方はほとんどいらっしゃらない
イコール中古市場にはまず出てこないのですが
今回、委託品で初登場です。
でもここまでお金を掛けたのになぜ手放されるのか?
その理由は
待たされている間にキヤノンからニコンにシステム変更をされたから。
(D800の影響力はすごい。)
ということで、ご本人様は全くご使用になられずに
改造完了。即当店にお持ち頂きました。
ですから、お客様といたしましては
実際に支払われた金額(NAM−1購入+改造費用)を
どうしても回収したいということで
委託手数料を差し引いた金額がお客様の手取りになるように価格設定で
正直言ってややお高め。
でもこの改造をしている唯一のカナダの業者が9月から約3ヶ月の
ローングローングバケーション中であることや納期の不正確さ
NAM−1を探す手間隙などなどもろもろのことを考えれば
すぐに手に入るというのはかなり魅力的ではないかと思いますので
ご紹介させていただきました。

NAM−1 EOS改造   ¥FMR.I  (改造前のNマウント付属)
***** SOLD OUT、 お買い上げ ありがとうございます*****



ちなみに645判の80mmレンズを35mmで使うと何倍で換算するの?
という質問をよく受けますが、どんなフォーマットのカメラで使っても80mmは80mm。
でも世の中では35mm判があまりにもポピュラーになりすぎたため
画角を表すのに度数でいうよりも35mm判でのレンズミリ数の方が
感覚的に分かり易いのでそうすることが一般的になっているのです。
ちなみに80mmレンズを645判で使用した場合の画角は
35mm判に換算するとだいたい1.6で割ってやれば良いので
80÷1.6=50mm
ということで645判の標準レンズには80mmや75mmなどが用意されている訳です。


5DMkIIIについて

5DMkIIIが発売され、早2ヶ月がたちました。
予想通りD800に押され苦戦を強いられているようですが
そこは、さすがキヤノン、当店にご来店されるお客様でも
5DMkIIIをお持ちになられる方が日に日に増えてきているのを見ると
着実に売れてきているようです。
そこで、まだまだサンプル数が少ないので正確なことは申し上げられませんが
今まで拝見させていただいた限りにおいて5DMkIIIの特徴があります。
片手ほどのお客様が自分の5DMkIIIでDistagon35mmF1.4が
使えるかどうか確かめた上でお買い求めになりたいということで
実機をご持参の上ご来店いただいたのですが
なんと全員がミラー干渉の問題なくご使用いただけたのです。
これは5DMkIIが8割の個体でミラー干渉を起こしていた事を考えると
単なるデータの偏りとは言えないのではないでしょうか。
ということは5DMkIIでミラー干渉をするという理由で
価格が安止まりしていたレンズが・・・・
IMG_0164

Tessar45mmF2.8(写真右上)
後玉ガードが無限付近でギリギリ干渉する方が多かったのですが
ぶつかっても実害は無いので案外普通にお使いの方も多く
IIIで全く干渉無く使えるようになっても価格変動は少ないのでは?
でもデジタル向きのコントラストの良い画質でブレイクするかも。

Distagon28mmF2(写真左下)
このレンズの発色はクセになる。
後玉ガードは付いているがガードがギリギリまで削られている為
個体によっては後玉に干渉してしまうのではないかと思うほど。
リスクを犯してまで使おうという方は少なく
ムービー需要も少ない為、価格は今が底値でしょう。
玉数も少ないのでチョットしたブームでも価格高騰の可能性あり。

Distagon35mmF1.4(写真右下)
各メーカー数ある35mmF1.4の中でも、このレンズの描写は特別。
特に夕方の陽が落ちかけた頃の光の繊細な拾い方は秀逸。
ミラー干渉した場合、レンズ直撃の為なかなか手が出せなかった方も
多かったのですがミラーアップでライブビュー撮影が基本の
ムービーでお使いの方も多数いらっしゃった為
価格は28mmF2ほどの底値感はなし。
でも、ここのところの売れ行きを見ると値上がりの可能性大。

Distagon18mmF4(写真左上)
このレンズもミラー干渉した場合、後玉直撃。
しかも干渉の可能性、前群移動式の為全域で激高。
ということとムービーでお使いの方に18mmを使うという習慣が無い為
一部どうしても使いたい方がミラーを削って使っていた程度なので
アダプターでの使用率は激少。
ということはもしIIIで使えるとなれば値段は・・・
しかし、使えるかどうかはまだまだ不明。

以上、個人的な予想でした。



5DMkII

Distagon35mmF1.4はこのコーナーでも何度か
ご紹介させて頂いているのですが
他メーカーの35mmF1.4とは一線を画するその描写は
多くの人を魅了しています。
当然、この描写をデジタルで使いたいという方も多いのですが
残念ながら5DMkIIではミラー干渉が起こってしまい使えません。
さらに悪いことに無限はあきらめて干渉するギリギリの距離まで
使おうとしても、もし干渉した場合はレンズガードではなく
レンズを直撃してしまうため結局はあきらめるしかないのです。
でも、どうしてもあきらめきれないとなるとミラーを削るということになるのですが
実は5DMkIIの個体差で全く何もせずにDistagon35mmF1.4が
使える個体が存在するのです。
今回入荷した5DMkIIはまさにそんな1台です。
アダプターの適正もチェックしましたが、この個体には
近代さんのアダプターが1番良い結果でしたので参考まで。

5DMkII  Aランク 付属品一式   ¥215,000−
    (さすがにD18mmF4は使えません。)

***** SOLD OUT お買い上げ ありがとうございます*****

こんなもの?を紹介する時が来ようとは

長い間、カメラ屋なんてものをやっていると
いろいろな人たちに出会うことになります。
たくさんのカメラを持っていること自体が世間一般からすれば
カメラマニアということになるのでしょうが
この世界ではそんなものはマニアとは呼びません。
マニアといえばカメラをさらに細分化してそこに特化してものを
集めている人たちのことを指します。
どこにこだわりを持つかは人それぞれで
普通はライカなどのメーカーにこだわるのですが
メーカーは関係なく、長いレンズを見ると欲しくなってしまう超望遠マニア
機械式カメラにこだわるメカニカルシャッターマニア
前玉の大きさに魅了されてしまう大口径マニア
変わったフードを見るとついつい買ってしまうフードマニアなどなど・・
(それよりも多くのツァイスマニアにも出会うのですが職業柄
そのような人たちはごくフツーの人にしか見えなくなっている)
今までいろいろな人たちと出会ってきました。
そんな中で個人的に非常に印象に残っているのが
その方は極一般的なメーカーにこだわるマニアなのですが
そのメーカーが意表をついて”シグマ”。
その方はシグママークワンから始まってシグマのカメラを
一生懸命集めていらっしゃいました。
当時はまだインターネットも普及しておらず、
その収集にはかなりの時間が必要で
お目当ての”ブツ”があればすぐに買いにいき
多少の問題があってもとりあえずは買っておく
というお話をされていましたが
今でもまだ続けていらっしゃるのでしょうか?
今回のご紹介はそんなことを思い出させてくれた、こちら
s-IMG_0413
1980年代 シグマがアルファ、ベータ、ガンマ、カッパなどの
ギリシャ文字をレンズの名前に使っていた時代
(ちなみにズームガンマは当時どこのメーカーも作ることができなかった
当時としては画期的な21−35mmという超広角ズーム!)
に発売されたフィッシュアイレンズでズームレンズ以外の
単焦点レンズには何故か名前が付いていなかったので
お名前は普通に、シグマフィッシュアイ16mmF2.8。
しかもY/Cマウント。
この当時、タムロンだけはマウント交換式だったが
シグマ、トキナーはマウント固定式を採用。
でも有料でマウント変換をしてくれていたので
カメラを買い換えてもレンズはそのまま使えた。エコですね。

s-IMG_0429
このレンズ面白いつくりで前群、後群がワンタッチで分離でき
その前群後部にフィルターをねじ込み装着するという変り種。
しかも後玉の突出が全く無いので16mmという超広角にもかかわらず
アダプター使用でもフルサイズO.K

BlogPaint
太陽を入れていじめてみましたがゴーストはこの程度、結構優秀。

s-_MG_0008
意外にも?周辺部もしっかり描写されています(絞りF8)
s-_MG_0005

写りもこちらは意外といっては失礼ですけどご覧の通り。
と言うわけで今となっては意外と使えそう。
超広角マニアの方、アダプターでお使いの方いかがですか?
もちろんシグママニアの方におすすめすることは
言うまでもございませんが・・・

シグマフィッシュアイ16mmF2.8(Y/Cマウント)  ¥29,800−
(シグマオリジナルFRキャップ、ノーマルフィルター、
そしてたぶん口径蝕部分をカットするためのビグネッターらしきもの付属)

***** SOLD OUT、 お買い上げ ありがとうございます*****

希少、VOIGTLANDER NOKTON 50/1.5 Cマウント

IMG_9984
画像のようにアダプタを外せるので他のプロミネント用レンズにも使用可能
IMG_0011
※画像のContaxaは別売りです
IMG_0025
開放にて撮影
EPSN3774
今回はレア物が出たのでご案内。
VOIGTLANDER NOKTON 50/1.5。
元々、このレンズはドイツのフォクトレンダー社が作ったレンジファインダーカメラ
「プロミネント」用のレンズとして発売されました。
また、少数だけライカLマウント用にも供給されています。
ただし、ライカLマウントのノクトンは希少な為、現在25万円〜30万円程で取引されています。
なので使ってみたくても気軽に試せない・・・
そこで一時期コシナさんがプロミネントマウントをCマウント(旧Contaxマウント)に変換する
アダプターを発売し、Lマウントに比べ割安で買えるプロミネント用ノクトン
(それでも10万円程はします)を使えるようにしていたのですが
それも極少数しか生産されませんでした。
今回のノクトンはプロミネント用ノクトンとプロミネントマウント→Cマウントアダプターのセットに
なります。このアダプターもレンズもレア物なのでこのセットは今後まず出てこないでしょう。
また、C→L(M)マウントアダプターを使えばライカにも使用できます。
肝心の写りですが開放では非常に柔らかで繊細な描写で
少し絞ると一気に線がピシッとシャープになってくる非常に魅力的なレンズです。
ContaxのSonnar50/1.5の傾向と似てるところがありますが、写りは全くの別物です。
レンズの状態は外観は年代なりですが、玉の方は年代を考慮してもなかなかの上物です。
興味のある方は是非。

VOIGTLANDER NOKTON 50/1.5(プロミネント→Cマウントアダプター付き)  
委託品  ABランク  ¥168,000- ***** SOLD OUT *****

残念なお知らせ。。。

ade171c6.jpg
たった5年の短きに渡りCONTAX専門店して営業を続けてきた極楽堂ですが、
不況の波には勝てず、とうとうCanonも扱うことになりました。
ご覧のとおり、Canon旧F−1モントリオールオリンピック記念モデルです。
状態は小さなスレが若干ありますが、使用感はさほどなく
旧F−1にしてはかなり良い状態と言っていいでしょう。
このカメラ、Canonがプロ機として認められることとなった名機です。
(んなこと、分ってますね。失礼しました)
ファインダーも実に見やすく、機械式シャッターなのでいざという時にも安心。
”こんなカメラがCONTAXにあればいいのに・・・”
ん!!!
これ、F−1のFDマウントとちゃうんじゃない?
この下手な写真でそこまで感づいたそこの旦那! スルドイ!
実はこれCONTAXマウントに改造した旧F−1なんです。
マウントアダプターと違って、CONTAX専用マウントに改造してあるので、自動絞りが連動します。
(ただし測光は絞込み測光になります)
つまり先ほどの”こんなカメラがCONTAXにあればいいのに・・・”が現実のものとなったのです。
これを実現させるにのにかかる改造費がオーバーホール込みで¥81,900だそうです。
こんな出物、滅多にあるもんじゃありゃーせん。
Canon旧F−1モントリオールオリンピック記念モデル改造   ¥79,800−

尚、これ一台が売れたら極楽堂はまたCONTAX専門店として心機一転、がんばってまいりますので、
どうかよろしくお願い致します。
***** SOLD OUT *****

オーストリッチスタイルストラップ

c503567c.jpg
アルティザンアンドアーティストの社長さんが
オリジナルで作ってくれた貴重なストラップです。
T2プラチナを思わせるオーストリッチ柄の質感。
何とも言えませんね。IIaやIIIaにもピッタリなんです。
RTS5周年記念モデルにも合いますが、入手困難ですね。
ちなみにこのオーストリッチ柄、極楽堂でしか買えません。
長さは90cm、95cm 各\3,780-
ライカユーザーの方も、気が向いたらどうぞ。

極楽堂オリジナルメタルキャップ

1950c87e.jpg

Distagon15mmF3.5をお持ちの、ちょいとセレブなお兄さん!
あなたのそのレンズ、前玉中央に丸いシミがありませんか?
これ大抵の場合、キャップで擦っちゃってるんですよ。
そう、このレンズに附属しているラバーキャップ、
柔らかいのでレンズに接触してしまうことがあるんです。
大切な文化遺産であるこのレンズを守らなければ・・・・
使命感に萌えて?極楽堂が立ち上がりました。
ジャーン! Distagon15mmF3.5専用メタルキャップ。
これさえあれば、もう安心。
金属製ですので、あなたのレンズが傷つくことはもうありません。
というわけで、このレンズ持ってる人、売り切れる前に是非どうぞ。
さて、気になるお値段は¥3,500-(写真左)
尚、Distagon18mmF4、F-Distagon16mmF2.8(その他67mm径)用¥2,300(写真右)もございます。

お店へのリンク


コンタックス専門店 カメラの極楽堂へようこそ!


ネットショップ フォトベルゼへようこそ!


記事検索
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

    ギャラリー
    • コンタックスモニターキャンペーン
    • コンタックスモニターキャンペーン
    • コンタックスモニターキャンペーン
    • コンタックスモニターキャンペーン
    • ピッタリ10000
    • ピッタリ10000
    • ピッタリ10000
    • マスターレンズ
    • マスターレンズ
    • マスターレンズ
    • 平野ノラを見て思い浮かんだ
    • 平野ノラを見て思い浮かんだ
    • 平野ノラを見て思い浮かんだ
    • なんと4年半ぶりの入荷です
    • なんと4年半ぶりの入荷です
    • A-ランク。Planar 85mmF1.2 50years
    • A-ランク。Planar 85mmF1.2 50years
    • A-ランク。Planar 85mmF1.2 50years
    • A-ランク。Planar 85mmF1.2 50years
    • 何年ぶりだろう?綺麗なa
    • 何年ぶりだろう?綺麗なa
    • 何年ぶりだろう?綺麗なa
    • 何年ぶりだろう?綺麗なa
    • 何年ぶりだろう?綺麗なa
    • Tvsです
    • 2度目の登場RTSソフトケース
    • 2度目の登場RTSソフトケース
    • 2度目の登場RTSソフトケース
    • 番外編2
    • 番外編2
    • 番外編1
    • 番外編1
    • 番外編1
    • 特別なアングルファインダー
    • 特別なアングルファインダー
    • 特別なアングルファインダー
    • 3年半ぶりです。
    • 3年半ぶりです。
    • 3年半ぶりです。
    • 3年半ぶりです。
    • ワインダーバッテリーケース
    • ワールドレンズシール
    • ワールドレンズシール
    • T2?
    • T2?
    • T2?
    • コンタフレックス
    • コンタフレックス
    • コンタフレックス
    • コンタフレックス
    • プロフェッショナルキャリングケースA
    • プロフェッショナルキャリングケースA
    • プロフェッショナルキャリングケースA
    • ホロゴン用P-Filterです。
    • ホロゴン用P-Filterです。
    • RAYQUAL YC-EOS アダプター
    • ソフトボディケースC-71M,未使用
    • 珍品ですが・・・
    • 珍品ですが・・・
    • 数量限定です