副店長のオススメ品

いつもご覧頂きありがとうございます。
副店長を務めますわたくしがオススメする商品を定期的にUPしております。
冗談も交えて楽しく?ご紹介しておりますので、どうか軽く流して下さい。
商品は売り切れ御免です。欲しい商品がございましたらメールまたは電話にてご連絡下さい。
ご利用をお待ちしております。

旧Contaxマウント関連

オールドContax


s-_MG_8705s-_MG_8706
s-_MG_8712

50
ノンコートですが、開放でここまで写ります。カメラ/ライカM8

レンジファインダー時代のコンタックスは以前にもご紹介させていただきましたが、
さすがにモノとしての造りの良さはすばらしいのですが
いざ買おうと思ってカメラ屋のウィンドーを覗くと綺麗な物は結構いい値段で
そこまでのお金を出したくない。
ならば安い物を探しましょう。
ということで探してみると、たまに2〜3万の物をは見つかるのですが
安物買いの銭失いになるのがオチなんじゃないか不安でなかなか手が出し辛い
ならば自分で勉強して判断しようと思っても古い物だけにチェックポイントが多くて・・
こんなことで旧コンタックスの購入をあきらめていた方、出物です。

今回の?+Jena Sonnar50mmF2沈胴式
ボディはお約束のようにメーターは動きませんが
ファインダーはかなりクリア、巻き上げ、ピントリングも問題なし。
シャッターも簡易テスターで調べてみるとネガでは十分使えるレベル。
裏蓋をはずしてみると、ちゃんとシリアルナンバーも一致しています。
ついでに横から覗き込んでみるとシャッターリボンも交換済み。
しかも、なんとオリジナルスプールまで付いているではないですか。
(たった今気が付いたけど表記もメートルですよ)
レンズは拭きキズはありますが時代を考慮すれば
むしろ綺麗な部類といってもいい状態で写りは上の写真のとおり。

ということで実用の旧コンタックスをお探しの方
一度見に来る価値はありますよ。

?+Jena Sonnar50mmF2沈胴式   ¥31,500-(委託品)

***** しっ渋すぎる、中学1年生がお買い上げ。SOLD OUT *****

オルトメター 3.5cmF4.5

bc7fadae.jpg
合成ではありません。一発撮り。さてどうやって撮ったでしょう?
IMG_0157

EPSN3983
開放撮影でこれだけ写ります・・
EPSN3987
・・・といっても開放F値4.5ですけど。

ヘラーやミクロターなどに比べれば、それなりに目にすることもあるのですが
それでも探そうとすれば最近では年単位の時間が必要になってきた
レアモノなレンズです。
オルトメターという名前のレンズはもともとは大判カメラの航空測量写真に
使うための特殊レンズだったのですがレンジファインダーコンタックスの
交換レンズとして1937年に復活しました。
3.5cmのレンズはこの前年にビオゴン3.5cmF2.8が発売されていたので
このF4.5のオルトメターは廉価版としての役割もあったようなのですが
どうやらそれとは別に他メーカーとの力量の差を示すために戦略として
いいレンズが設計できたら販売するという側面もあったようです。
その証拠に5cmのレンズもテッサーのF2.8とF3.5、ゾナーのF1.5とF2
の4種類も発売していました。
この後プラナー3.5cmF3.5も販売されましたので3.5cmのレンズは全部で
3種類、存在することになります。
この中で圧倒的に数が少ないのが、このオルトメターになります。
当時、売れなかったというのがその理由なのでしょうが
売れなかった理由はわかりません。
ただし今回、試写してみても、その描写が原因ではないことは明白です。


Orthometar 3.5cmF4.5         ¥118,000−   

希少、VOIGTLANDER NOKTON 50/1.5 Cマウント

IMG_9984
画像のようにアダプタを外せるので他のプロミネント用レンズにも使用可能
IMG_0011
※画像のContaxaは別売りです
IMG_0025
開放にて撮影
EPSN3774
今回はレア物が出たのでご案内。
VOIGTLANDER NOKTON 50/1.5。
元々、このレンズはドイツのフォクトレンダー社が作ったレンジファインダーカメラ
「プロミネント」用のレンズとして発売されました。
また、少数だけライカLマウント用にも供給されています。
ただし、ライカLマウントのノクトンは希少な為、現在25万円〜30万円程で取引されています。
なので使ってみたくても気軽に試せない・・・
そこで一時期コシナさんがプロミネントマウントをCマウント(旧Contaxマウント)に変換する
アダプターを発売し、Lマウントに比べ割安で買えるプロミネント用ノクトン
(それでも10万円程はします)を使えるようにしていたのですが
それも極少数しか生産されませんでした。
今回のノクトンはプロミネント用ノクトンとプロミネントマウント→Cマウントアダプターのセットに
なります。このアダプターもレンズもレア物なのでこのセットは今後まず出てこないでしょう。
また、C→L(M)マウントアダプターを使えばライカにも使用できます。
肝心の写りですが開放では非常に柔らかで繊細な描写で
少し絞ると一気に線がピシッとシャープになってくる非常に魅力的なレンズです。
ContaxのSonnar50/1.5の傾向と似てるところがありますが、写りは全くの別物です。
レンズの状態は外観は年代なりですが、玉の方は年代を考慮してもなかなかの上物です。
興味のある方は是非。

VOIGTLANDER NOKTON 50/1.5(プロミネント→Cマウントアダプター付き)  
委託品  ABランク  ¥168,000- ***** SOLD OUT *****

CONTATEST

contatest-1
contatest-2

contatest-3

ノーマル最短

c61b5d9e.JPG

今のデジカメ、便利ですねー。
撮りたいモノにカメラを向けてシャッターを押すだけで何でも綺麗に写ってしまう、
絞りもシャッターもピントも自動、さらに最近では笑顔認識機能でシャッターを
押すのも自動という時代ですから自分が写真を撮っているのかカメラが撮っているのか分からなくなってきています。
そんなカメラがあたり前になってしまった中で育った若い世代からすると
一体これは何?という感じでしょう。
でもカメラの歴史を一つ一つ遡ればピントは自分の目で合わせ、フィルムは手で巻き上げシャッターも絞りも自分で設定するとなってくるわけですが、
その中のひとつにデジカメではあたり前のようにできる近接撮影も当時は
近接撮影専用道具を使わなければできなかったのです。
そしてこれがその道具なのです。
Contatestと名づけられたこの商品はProxarという接写フィルターと
それに合わせて完全に距離計を補正させるメガネがセットになっています。
言うのは簡単なのですが距離計を近距離補正させるというのはかなり高い精度が要求されるので見た目以上に精巧に作られています。
今となっては飾って楽しむコレクターズイアテム的要素が大きいのですが
これが案外侮れない描写性能を持っているのです。
今回の商品は委託品で使用感の低い綺麗な商品で、オリジナル取説付きですので
飾ってみてもよし
使ってみてもよしという感じでしょうか。

CONTATEST 319/443   ¥21,000− (a、a用です。)
  ***** SOLD OUT *****

CONTAXではなくContax

EPSN3537
3a36600-3


57c2a21b.jpg

クラカメの定義は人それぞれで年代による差がかなりあるのですが
今の若い人(いつからか何の抵抗もなくこの言葉を使っている自分がいます)にとっては、マニュアルフォーカスカメラはすでにクラカメに片足を突っ込んでいて
これがさらに銀色の金属製で巻上げが手巻きだとどっぷりと両足浸かったクラカメになるようです。
そんな人たちからすればこのContaxaは化石のようなカメラでとても自分では扱えないと感じているのかもしれません。
でもこのカメラ、当時からすればかなり自動化されたカメラで今でもそんなに扱い方の難しいものではないのです。
そして”超”がつくほどの高給取りしか買う事ができなかったカメラで使ってみたいと思っても買うことが出来ないカメラだったのです。
そんなカメラが今回、訳ありとはいえ¥36,600−です。
訳ありとは言え実用上問題にはならないものですのでご案内。
その訳とはまずボディ。
・メーターは動いていますがかなり振れ幅が小さい。
(別のカメラか露出計を使ったり勘で撮ればいいだけ) 
・B(バルブ)不良。
(T(タイム)が生きているのでこっちを使えばいいだけ)
・1/1250が時々開かない。
(1/1250なんて滅多に使わないので初めからないものと思えばいいだけ)
といろいろとありますがカラーダイアルで距離計色なしの後期型しかもオリジナルスプールまで付いています。
そしてレンズは
・周辺部にほぼ一周、数ミリのバルサム切れ。
(一番上の写真を見ていただければお分かりのとおり実写に影響なし)
このレンズ Jena でも Opton でもなく Carl Zeiss銘のSonnar50mmF1.5です。

このカッコ良さにピンと来た方、前から使って見たかった方、実用機としていかがですか? 

Contaxa+Carl Zeiss Sonnar50mmF1.5 ¥36,600−

扱い方の説明さえ聞けば誰でも使うことのできるカメラですので、ご来店いただければ使い方は1から10までお教えいたします。

このカメラの造り込みの良さはかなりのもので、そんなカメラがこんな値段で買えるのですからある意味幸せなのではないでしょうか。

***** SOLD OUT *****

戦前のイエナ製ターレットユニバーサルファインダー

5b2d7a37.jpg

何回かご覧になったことがある方も多いとは思いますが、
実はこのファインダー、何cm(今ではmmを使うのが一般的)のレンズに対応するかによって
何種類もあるのですが、2.8cm(もちろんテッサー2.8cmF8用)の
ファインダーがついているものは最近では珍しいのです。
今回の商品は2.8cm、3.5cm、5cm、8.5cm、13.5cm、の切り替え式で
パララックスにも対応しています。
残念ながら状態はあまりいいとは言えず
ファインダー内にお約束ごとのような汚れがあります。

CARL ZEISS JENA 436/7 ファインダー  ¥31,500−(委託品)

ゲンコツ大の中望遠

2e982ade.jpg
旧Contax機↓供↓掘↓a、a用のSonnar85mmF2のご紹介。
このレンズも例に漏れず黒から始まりいろいろなバージョン(8種類は確認されている)が存在するのですが、
今回ご紹介させていただくのは2種類。
まずは左側。1937年頃製造されたCarlZeissJena銘のもの。
このレンズの特徴としては手に取ってみてズッシリとくる真鍮製(重量573グラム)に
クロームメッキされた鏡筒、そしてそこに刻印された距離と被写界深度の目盛りが上下2段に互い違い
(被写界深度のF値2,4,8,16が上段で2.8,5.6,11が下段)になっていること、
もちろんガラスはノンコーティングの白玉。
でも使ったことのある方ならお分かりでしょうが、コーティングが無くてもやわらかくて綺麗な写真が撮れ、
故意に逆光で撮影しない限りかなりいい写りなんです。

次に右側。こちらは1950年頃製造された同じくCarlZeissJena銘ですがTマーク付き。
つまりTコーティングされたもの。
鏡筒は軽金属製でかなり軽量化(重量386グラム)されていますが、少し太身になりました。
でもフィルター径はどちらも49mmと変わりません。
写りはさすがにコーティングしてあるだけあって、白玉に比べるとヌケはいいのですが
現代レンズのようなカリカリした感じが無く好印象。
どちらのレンズにしても現代レンズの描写に見慣れた方にはかなり新鮮に感じられるはずです。
ここ最近、このレンズも見かけなくなってきたのに2本も続けざまに入荷したので紹介してみました。
是非一度お試しください。

左 ¥52,500 (委託品)
右 ¥61,950 (少しレンズ焼け、委託品)
最近、メタボ気味な方は両方買って鉄アレイ代わりにどうぞ。

孤高のワイドレンズ

ce4656c5.jpg

1933年に発売された当時の超?広角レンズ。
当時まだ21mmなんぞ発売されていません。
レンズ構成はその名のとおり、3群4枚のまさにテッサー。
この構成で28mmレンズを作るのはかなり大変だったらしく、開放F値がなんと8。
さらに最良の画質を得るためにF11での使用を推奨していたのですから、
いかにこの超広角レンズを作ることが難しかったのかが伺えます。
そして、このレンズは距離計に連動しません。
なぜなら28mmで開放F値が8ですから、
かなりいいかげんな目測で撮影してもピントを外すことはまずないからです。
それでも心配な方はレンズをボディからはずし、
ボディに内臓されている距離計を使って測距し、
マウント(ボディの繰り出しヘリコイド)部に表示された距離を読み取って、
再びレンズを装着し、読み取った距離をレンズの距離目盛に移行すれば大丈夫ですが、
そんなややこしいことをする方はまずいないでしょう。
今回の商品はクロームメッキでヘリコイドを最短にすると、絞りが下にくるタイプ。
探してみると意外にないものですので、お探しの方は一度現物をご覧ください。

Tessar28mmF8  ¥79,800−
***** SOLD OUT *****

究極の選択 一軒家vsカメラ

8b67c4ef.jpg

あなたなら、このカメラと一軒家が同じ値段だったらどっちを買いますか?
今ならこんなことで悩む人はまずいないでしょう。
このカメラ、発売当時はそれくらい高価だったんだそうです。
(1951年 1,056ライヒスマルク、当時の年収位らしい)
そーゆー目で見ると左の写真のカメラがとっても高貴なものに見えてきます。
そーです、このカメラは一軒家を買わずにこれを買った人がいるからこそ、
ここに存在しているのです。
そこで一軒家は欲しいけど買えないアナタ、このカメラを首から下げて勝ち誇ったように
「いやー、一軒家買うかContax買うか迷ったけど、やっぱりカメラにしたよ」
こんな風に言ってみてはいかがでしょうか?
そして何も知らない人から「そのカメラそんなに高いの?」と言われたら、
自慢げに「ちょっと前?までは一軒家が買えたんだけどね」そー言い放つのです。
そんなカメラが今ならこのレンズ付きセットで¥51,450で買えます。
間違いなくこの値段では一軒家は買えません。
私の部屋の家賃だって、もー少ししますよ。

さてまじめにカメラの状態について説明いたします。
これはいわゆるカラーダイヤルというやつで、
ファインダーに文句をつけようとすれば、どんな個体にも何かしらあるんですが、
これはかなりまともです。シャッターも調子いいですねー。
貼り革に”吹き出物”もありません。
ここは意外と見落としがちなオリジナルスプールもついています。
メーターは動いてはいますが、時々動きが悪いことがあるのはご愛嬌。
実際、メーターを使う人はいないから問題ないでしょう。
レンズも実用には全く問題無いスレがあるくらいでスカっとしています。
この状態でこの価格ならかなりお買い得ではないでしょうか。
興味のあるお客様、私が責任持って1時間かけてご案内致します!
綺麗なお姉さんなら閉店時間までお付き合いしちゃいます!
茶でも啜りながらのんびり聞いて下さいな。

お店へのリンク


コンタックス専門店 カメラの極楽堂へようこそ!


ネットショップ フォトベルゼへようこそ!


記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

    ギャラリー
    • お久しぶりですサンニッパ
    • お久しぶりですサンニッパ
    • お久しぶりですサンニッパ
    • T2パンダ?
    • T2パンダ?
    • T2パンダ?
    • 約2年ぶりです、キットバッグII
    • 約2年ぶりです、キットバッグII
    • ダメージ仕様
    • ダメージ仕様
    • ダメージ仕様
    • ダメージ仕様
    • ダメージ仕様
    • ダメージ仕様
    • SAMURAIです。
    • SAMURAIです。
    • SAMURAIです。
    • コンタックスモニターキャンペーン
    • コンタックスモニターキャンペーン
    • コンタックスモニターキャンペーン
    • コンタックスモニターキャンペーン
    • ピッタリ10000
    • ピッタリ10000
    • ピッタリ10000
    • マスターレンズ
    • マスターレンズ
    • マスターレンズ
    • 平野ノラを見て思い浮かんだ
    • 平野ノラを見て思い浮かんだ
    • 平野ノラを見て思い浮かんだ
    • なんと4年半ぶりの入荷です
    • なんと4年半ぶりの入荷です
    • A-ランク。Planar 85mmF1.2 50years
    • A-ランク。Planar 85mmF1.2 50years
    • A-ランク。Planar 85mmF1.2 50years
    • A-ランク。Planar 85mmF1.2 50years
    • 何年ぶりだろう?綺麗なa
    • 何年ぶりだろう?綺麗なa
    • 何年ぶりだろう?綺麗なa
    • 何年ぶりだろう?綺麗なa
    • 何年ぶりだろう?綺麗なa
    • Tvsです
    • 2度目の登場RTSソフトケース
    • 2度目の登場RTSソフトケース
    • 2度目の登場RTSソフトケース
    • 番外編2
    • 番外編2
    • 番外編1
    • 番外編1
    • 番外編1
    • 特別なアングルファインダー
    • 特別なアングルファインダー
    • 特別なアングルファインダー
    • 3年半ぶりです。
    • 3年半ぶりです。
    • 3年半ぶりです。
    • 3年半ぶりです。
    • ワインダーバッテリーケース
    • ワールドレンズシール
    • ワールドレンズシール