副店長のオススメ品

いつもご覧頂きありがとうございます。
副店長を務めますわたくしがオススメする商品を定期的にUPしております。
冗談も交えて楽しく?ご紹介しておりますので、どうか軽く流して下さい。
商品は売り切れ御免です。欲しい商品がございましたらメールまたは電話にてご連絡下さい。
ご利用をお待ちしております。

M42(スクリュー)マウント関連

びゅーちふるF!

83f3bff1.jpg

1940年代後半、カメラはその頭にプリズムを載せることによって一眼レフへと変身したわけですが、
それから約10年後の1957年に発売されたContaxFで
ようやくカメラとレンズの絞りを連動させることができるようになりました。
当時はスプリング式絞りと呼ばれていたようですが、
レンズがまだ半自動でシャッターに連動して絞り込みはしてくれますが、
絞りを開放するのは手動というものでした。
ミラーも当然のごとくクイックリターンにはなっていないので、
シャッターを切るとミラーは上がったまま戻ってはきません。
巻き上げノブ(レバーになっていないのでノブです)を巻き上げると、
それに伴ってミラーも定位置まで降りてくる仕組みになっています。
もちろん、露出計など付いているはずもなく、
カメラに初めてTTL露出計が内蔵されたのはこの3年後の1960年になります。
今の日進月歩(時進日歩?)のデジカメからは考えられません。
でもこんな、今では考えられないくらいゆっくりとした歩みをしていた頃のカメラなので、
その醸し出す雰囲気が今時の物は違ってゆとりのようなものを感じさせてくれます。
若い人は知らないでしょうが、20数年前の日本の道路標識にはいいものがありました。
”狭い日本、そんなに急いでどこへ行く?”
このカメラはそんなことを思い出させてくれます。
こんなカメラにフィルムを入れて、のんびりと写真を撮るのもいいもんです。

ContaxF  ¥69,300−(委託品ですが整備済みです)
この先お目にかかることはないでしょうというくらい、めっちゃ綺麗です!***** SOLD OUT *****

一風変わった標準レンズ

e498b111.jpg

Pancolar50mmF1.8は結構知られたレンズなのですが、
その弟分にあたる50mmF2は知らない方も多いのではないでしょうか。
この当時の多くのレンズに言えることなのですが、
開放値が明るいレンズほど設計に無理があり、
むしろ暗いレンズのほうが性能が良い場合があるのです。
このレンズもご多分に漏れず、実に秀逸なレンズなのです。
F1.8の柔らかさも捨てがたいのですが、もう少しシャープな写りがお好みの方は
むしろこのF2のほうが好みではないかと思います。
左の写真はPancolar50mmF2を同じPancolar50mmF2で
一段絞って最短撮影距離50cmにて撮影したのですが、
しっとりとしながらも周辺までしっかりと描写されているのがお分かりいただけるかと思います。
次に外観の特徴ですが、ピントリングに巻いてある滑り止めが大きな菱型の突起物が
一列にきれいに並んでいるあまり見かけないもので、
かなりデザイン的にインパクトがあります。
しかしこの材質がプラなので破損している固体も多いのですが、
今回の商品はしっかりと原型をとどめています。
あとひとつ、おもしろい機構としてハッセルのCレンズと同様に
絞りリングと連動して被写界深度目盛も動くという凝ったこともしています。
ちょっと変わった50mmレンズをお探しの方、
一度デジカメとアダプターを持って試写しに来てください。

Pancolar 50mmF2  ¥19,950−
四捨五入!じゃなかった、試写歓迎!!

富岡の名品入りました

b5c1ff9a.jpg

このレンズ、知る人ぞ知る富岡光学の名品。
実は7〜8年前に、このレンズのブームがきて価格も急上昇。
一時は8万、9万などという今考えてみれば度が過ぎた値段もついていたのですが、
今ではほんの武勇伝ですね。
しかし、ブームは去っても当時よりも見かけるチャンスはめっきり少なくなりました。
理由は買取価格が下がったことでしょうか。
(売価が下がれば買取価格も下がる、当然の市場原理ですね)
あとひとつは、その写りのすばらしさから買った人が手放さないこと。
個人的にもこの解像度とマクロ域でのボケはかなりオススメできます。
あっ、これも忘れてはいけません。
このレンズ、マクロプラナー60mmのCタイプと大して変わらないサイズなのに等倍撮影までいけます。
ちなみにレンズ先端に絞りリングが2つあるのはプリセット方式だからです。
さて今回の商品はヘリコイド、レンズともになかなか状態の良い個体です。
しかし残念ながら後玉中央付近に針先でチョコンと突いたようなキズがあります。
もちろん写りには影響ありませんけど。

MACRO YASHINON 60mmF2.8    ¥42,000−(委託品)
往年の写りに偽りはありません。
***** SOLD OUT *****

恐るべし富岡光学

0cd05825.jpg

この後玉をどうぞご覧下さい!
55mmでF1.2の大口径ということで、後玉が大きくなりすぎて絞込みピンが邪魔になります。
そこで後玉を絞込みピンが作動するように、綺麗なラインで削ってあるのです。
試作品ならまだしも、これを製品として販売してしまう富岡光学の技術にはただただ驚くばかりです。
それが故、この後玉に魅せられてしまう人が多く、中古ではかなりの人気者です。
このレンズには様々なバ−ジョンが存在しています。
TOMINONをはじめYASHINON,COSINON,REVUENONなどなど。
さらにYASHINON−TOMIOKAなどの俗に言うダブルネームもあり訳がわかりません。
しかし、どれも同じレンズなので(多少の外観の違いはありますが)ご安心を。
さて今回の商品はREVUENON、TOMIOKAのダブルネームです。
写真では分かりにくいのですが、残念ながら後玉隅に1mm位の欠けがあり、
ピントリングに貼ってあるシボ革が少し縮んでいます。
それ以外はレンズ焼けも浅く、ヘリコイドグリスもしっかりしていてとてもいい状態です。
ちなみにアダプターで使う方はピンを押さないタイプのアダプターを選択してください。
また、5m以遠ではミラーの緩衝にご注意を。

お値段¥63,000− 委託品です。

お店へのリンク


コンタックス専門店 カメラの極楽堂へようこそ!


ネットショップ フォトベルゼへようこそ!


記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

    ギャラリー
    • T2パンダ?
    • T2パンダ?
    • T2パンダ?
    • 約2年ぶりです、キットバッグII
    • 約2年ぶりです、キットバッグII
    • ダメージ仕様
    • ダメージ仕様
    • ダメージ仕様
    • ダメージ仕様
    • ダメージ仕様
    • ダメージ仕様
    • SAMURAIです。
    • SAMURAIです。
    • SAMURAIです。
    • コンタックスモニターキャンペーン
    • コンタックスモニターキャンペーン
    • コンタックスモニターキャンペーン
    • コンタックスモニターキャンペーン
    • ピッタリ10000
    • ピッタリ10000
    • ピッタリ10000
    • マスターレンズ
    • マスターレンズ
    • マスターレンズ
    • 平野ノラを見て思い浮かんだ
    • 平野ノラを見て思い浮かんだ
    • 平野ノラを見て思い浮かんだ
    • なんと4年半ぶりの入荷です
    • なんと4年半ぶりの入荷です
    • A-ランク。Planar 85mmF1.2 50years
    • A-ランク。Planar 85mmF1.2 50years
    • A-ランク。Planar 85mmF1.2 50years
    • A-ランク。Planar 85mmF1.2 50years
    • 何年ぶりだろう?綺麗なa
    • 何年ぶりだろう?綺麗なa
    • 何年ぶりだろう?綺麗なa
    • 何年ぶりだろう?綺麗なa
    • 何年ぶりだろう?綺麗なa
    • Tvsです
    • 2度目の登場RTSソフトケース
    • 2度目の登場RTSソフトケース
    • 2度目の登場RTSソフトケース
    • 番外編2
    • 番外編2
    • 番外編1
    • 番外編1
    • 番外編1
    • 特別なアングルファインダー
    • 特別なアングルファインダー
    • 特別なアングルファインダー
    • 3年半ぶりです。
    • 3年半ぶりです。
    • 3年半ぶりです。
    • 3年半ぶりです。
    • ワインダーバッテリーケース
    • ワールドレンズシール
    • ワールドレンズシール
    • T2?
    • T2?
    • T2?