前回はキャップの整理を始めたのですが中断。
その後どうなったかというと・・・やっぱりそのまま。
ということで今回はその続きをするのが筋なのですが
あれ以来そんな気力は沸かず
本日はもう少しポップな気持ちで挑めるストラップの整理をすることにしました。 
CASUALSTRAPDSC09851
コンタックスのストラップは色違いを除けば全部で十数種類しかありませんし
分類も一目で分かるのでキャップ整理に比べれば気楽に取り掛かれる仕事です。
今回は、ちんたらとですが全ての分類をやりきりました。
そんな中、2本だけ出てきたのがこれ。
CASUALSTRAPDSC09852
このストラップが販売されていた約20年前
私は、このストラップは ”これは無いわ” と感じていました。
実際に当時、数多くのコンタックスユーザーはいれども
このストラップを付けている人は全く見かけなかったし
今回のストラップ整理作業で2本しかなかったということからも
世の中の大多数の方が ”これはないわ” と感じていたはずです。
つまり私の感覚は主流だったと思います。
ところが最近 ”おやじ” から ”じじい” の階段を着実に登っている私は
日々若者との感覚のズレを感じていて
”これきてますよ” とか
”これバズってんですよ” などといわれたものを見ても
?????
全く共感出来ないということが多発するようになってきました。
そんな私の感覚で今改めて、このストラップを見てみると
今でもやはり ”これは無いわ” です。
世間の若者と感覚がズレている私がこう感じる
ということは若者の感覚では ”あり” なはずですが
はたしてどうなのでしょうか?


カジュアルストラップR とB  各 1,000−

(当時RED.GREEN,BLUEの3色が販売されましたが、今回はRとBの2種類)