以前、コンタックスのレンズの25番台について
VS70-210mmF3.5をご紹介させていただいたのですが
http://fukuten.blog.jp/archives/2040606.html
25番代2回目の登場です。
その前に簡単に 25番代について説明させていただくと
シリアル番号が25から始まるコンタックス用レンズは
マスターレンズとして各レンズ2〜3 本製造され
それを基準としてそれぞれのレンズが製造、調整されていました。
当然、市販はされないのですが、なぜか市場に出てくることがあります。
今回はSonnar100mmF3.5
BlogPaint
DSC06862
Sonnar100mmF3.5はAE,MMタイプともに日本製しかありませんが
ドイツのマイスターが組み上げたということで
made in West Germanyの刻印。
DSC06860
マウント内環が間に合わなかったらしく他のものを流用した
開放F値認識ピンの継ぎ足し
DSC06859
前玉、後玉の抑えリング形状の違い(右25番代)
DSC06861
絞り値の刻印文字の違いなど試作感が満載です。(右25番代)
後玉周辺部にバルサム切れや前玉に僅かなコートスレがありますが
そんなことは関係無い位に相当な珍品です。

Sonnar100mmF3.5AEG      ¥108,000- (委託品)