CONTAXブランドのカメラを日本のヤシカが生産するように
なったのが1975年。
それから数年後に私の写真歴がスタートするのですが
その当時はもちろんインターネットなどというものは無く
カメラファンの情報源はカメラ雑誌や年一回のカメラショー
そしてカメラメーカーが各社それぞれユーザーを対称とした
○○クラブという名のカメラクラブでした。
もちろんコンタックスにもコンタックスクラブという名の
カメラクラブが存在していましたが
当時のコンタックスはサラリーマンからすれば高嶺の花
と言う存在でしたので、そのユーザーで構成される
コンタックスクラブというのはひとつのステータスのようなものでした。
(実際、年会費などはニコン、キヤノンなどの倍くらいした。)
コンタックスクラブは他メーカーのクラブとは違い
いろいろなオリジナルグッズを会員向けに販売していました。
今回はそのCONTAX CLUBブランドのカメラバッグです。
当時は、これを持っている=私はコンタックスクラブ会員です。
ということで人気があったのですが
今となっては半分偽物扱いされているのが現状です。
_MG_9819
CONTAXの後にCLUBが付いているばかりにこの扱いです。
_MG_9820


CONTAX CLUBバッグ   ¥.C-

***** SOLD OUT、 お買い上げ ありがとうございます*****