ML21

1993年 Distagon21mmF2.8MMJが発売されるまで
Y/Cレンズ群の広角は25mmの次が18mmと間隔がかなり空いてしまっていました。
この2本はコンタレックス時代の設計を踏襲した由緒正しきレンズなのですが
その名レンズ2本の間に挟まれるという大役を果たしてきたのが
ML21mmです。
このレンズは中古市場では使い込まれた個体が多いことからも
その性能の良さは伺われます。
今回の商品はラッパ状に広がったレンズ先端部の
外装のスレがあるのでAB-としましたが使用感は低いので
レンズも綺麗ですし実用の方には最高ではないでしょうか。
ML21-3

ML21-1


ML21mmF3.5   ¥49,800-