副店長のオススメ品

いつもご覧頂きありがとうございます。
副店長を務めますわたくしがオススメする商品を定期的にUPしております。
冗談も交えて楽しく?ご紹介しておりますので、どうか軽く流して下さい。
商品は売り切れ御免です。欲しい商品がございましたらメールまたは電話にてご連絡下さい。
ご利用をお待ちしております。

日本人とアダプター

10年前アダプターで他社のレンズを装着して楽しんでいるという人はごく一部で
カメラ好きという人たちの中でもかなりコアな部類の人たちでした。
しかし10年たった今、アダプター遊びはかなり一般的なものになり
昨年のα7の登場によってそれはさらに拍車がかかりました。
アダプターを初めて使うという方の多くは高くても安心という理由で
日本製を選ばれる方が多いのですが
アダプター遊びが進んで行くとアダプター代がかなり嵩んでしまい
安い中国製アダプターを選ばれる方が増えてきます。
しかし、その中国製アダプターにはアタリ、ハズレがかなりあって
中には実用に問題がある商品もちらほら存在するのが現状です。
ある時、某中国製アダプターメーカーの社長とお話させていただく機会があり
その問題について、いろいろと意見をさせていただいたのですが
結果的に言えば”そんなに細かい事を言うのは日本人くらいだ”ということでした。
そのときは個人的に納得がいきませんでしたが
よくよく考えてみたらアタリ、ハズレなどというものは皆無に近いほど
見事に管理された日本の工業製品に慣らされてしまった私は知らず知らずに
日本製品の価格の半分以下で販売している中国製品にも同じものを求め
確かに細かい事を言いすぎだったと反省しました。
それからしばらくして、そのメーカーから送られてくるアダプターの箱にはJのシールが
貼られるようになり商品を検品している私の感覚では明らかにハズレ率が減っているのを
感じていましたので中国メーカーも日本向けには値段が高くても
基準を厳しくした商品を発送するようになったんだなと勝手に思っていました。
そして今回、中国から直接G-αEアダプターを仕入れてみて私の感覚が
正しかったと確信しました。
DSC08114
以下日本人的感覚で見た難点です。
DSC08099
ネジ位置を間違えてドリルの当ててしまっている。
DSC08101
ネジ位置を間違えて部材を僅かに傾けないと取り付かない。
DSC08105
ネジ穴を深く開けすぎて貫通。
DSC08110
接着剤が派手にはみ出し。
DSC08111
部材にキズ。
最近の中国製アダプターではあまり見かけなくなった問題点満載です。
でも、これは向こうでは普通に販売されているもので
使用には何の問題もありません。
確かに、こんなことで文句を言うのは日本人だからなのかもしれません。
逆に言えばこんなことに文句を言わなければもっと安く買えるということです。
その他、レンズロックのかかりがあまい、外れにくい。
ピントリグが回り難いなどいろいろありましたが
内部の材質、加工精度は3年前のモノと比較して向上しており
全品私が責任を持って再調整いたしましたのでご安心下さい。
あとは日本人的感覚で見た難点を許せるか
そしてお値段。

CONTAX G−αEアダプター  ¥5,980− (30個限定)
値段には十分見合っていると思います。

プロフェッショナルモータードライブとプロフェッショナルモータードライブW-6

前々回とある有名プロがお使いだったRTSIIとRTSIIIをご紹介させていただきましたが
実は一緒にこんなものも買い取らせていただいていたのをすっかり忘れていました。
DSC07192
RTS用プロフェッショナルモータードライブ(以下PMD)と
RTSII用PMD W-6。
こちらもボディに負けず劣らずかなりの貫禄です。
ただ、やはりこちらもちゃんと整備をしながら使われていたようで
動作は快調そのものですのでご安心を。
またボディ同様多少の改造はありますが実用上はありがたいのではないでしょうか。
どこが改造されているかは写真で判断してください。
DSC07193
DSC07194
DSC07195
DSC07196
PMDです。

DSC07197
DSC07198
DSC07199
DSC07200
そしてW-6。
ちなみにPMDとW-6の違いは背面の赤LED左のレリーズ端子が
RTSI用かそれ以降用かの違いになります。
DSC07201
それから先着1名様にこのコードを差し上げます。
使い方分かる方いらっしゃいますかね?
DSC07202
ご覧のようにバッテリー部を切り離して使う為の物で
寒冷地などでは役に立ちます。

↑こちらのコード
***** SOLD OUT、 お買い上げ ありがとうございます*****


PMD ¥J.C です。
*** SOLD OUT、 お買い上げ ありがとうございます*****

W-6
***** SOLD OUT、 お買い上げ ありがとうございます*****

今日の買取は極上ST。のはずが・・

本日の買取はST。
しかも見事なまでの極上品。
残念ながら箱などの付属品はありませんが
手袋無しでは触れないというレベルです。
こういう綺麗なカメラの査定は緊張しますが
とりあえず一通りのチェックはしなければなりません。
ピント、露出、シャッター、ミラー全て問題ありません。
最後にSTでよくある巻き戻しの異音チェック。
まあ個体差レベルで音が大きめな気もしますがこんなものでしょう。
もちろんAランクで買取らせていただきます。
今日も良い買取をさせていただきました。
DSC07028
BlogPaint
全面完璧な艶消しです。綺麗でしょ。
さて品出しの前により正確な検査機でチェックしておきましょう。
ピント精度良し。
シャッター全速良し(誤差3%というかなり優秀な個体)
フランジバック良し。
その他全てにおいて完璧な個体です。
自信を持ってお勧めできます。
念には念を入れてもう一度巻き戻しを・・・
アレ・なんかさっきより音が大きいような・・・
もう一度
アレレ・また音が大きくなっているような・・・
もう一度
ゴゴゴゴゴ・・・完全な油切れです。
買取時がギリギリ限界値オンラインだったようです。
買取にはこういうことはつきものですが
ここまで見事なオンラインだと・・・・
まあ、これが限界値数歩手前の買取でお客様に販売してから
こんなことにならなかっただけでも良しとしましょう。
さて本来ならば修理に出すところですが今回は
修理にかかる時間や傷をつけられてしまうなどのリスクを
考慮して現状販売とさせていただきますので
綺麗なSTをお探しの方どうぞ。

ST     ¥FE.M-
修理されたい方はご相談ください。

***** SOLD OUT、 お買い上げ ありがとうございます*****


貫禄仕様。

私が中古カメラを始めたころよく言われたのが
”プロが使っていたカメラは買わない方が良いよ”
ということでした。
その理由は素人が考えている以上にプロが使っているカメラは
切っているシャッター数がとてつもなく多く
いたるところにガタが出ているからとのことでしたが
元来、天邪鬼の私は
昨日までプロが仕事で使っていたカメラなのだから
全く使っていないような綺麗なカメラよりも
逆に安心なんじゃないの?という気持ちと
その一朝一夕では出すことの出来ない使い込まれた外観が
醸し出す雰囲気、そして何より値段の安さからむしろ
そのような中古品を積極的に購入してきました。
その結果・・・
もちろん良いことも悪いこともありましたが
今こうして中古カメラ屋で働いてみて
その失敗率はかなり低かったと実感しています。
(運が良かっただけかもしれませんが。)
さて今回は某有名プロから買い取らせていただいたカメラ4台です。
BlogPaint
いつものように検査機にかけてみましょう。
まずはRTSIII。
ピント、シャッター、バックフォーカス全て完璧
RTSIIIのシャッター精度の良さは毎回惚れ惚れしますね。
次はRTSII。
こちらもピント、シャッター、バックフォーカス全て完璧
もちろんシャッター精度はRTSIIIほどはありませんが
RTSIIIが良すぎるだけで、これだけ出てれば十分です。
外装はというと
1番
DSC05656
DSC05657
DSC05668
DSC05669
***** SOLD OUT、 お買い上げ ありがとうございます*****

2番
DSC05658
DSC05659
DSC05670
DSC05671
***** SOLD OUT、 お買い上げ ありがとうございます*****

3番
DSC05661
BlogPaint
DSC05672
DSC05673
***** SOLD OUT、 お買い上げ ありがとうございます*****
4番
DSC05663
BlogPaint
DSC05674
DSC05675
***** SOLD OUT、 お買い上げ ありがとうございます*****

外観はご覧の通り、どれもこれもなかなか”キてます”

DSC05665
DSC05666
DSC05667
これまたプロっぽいですね。
写真の上がりで何かの不具合が見つかったときにどのカメラで撮影したか
特定できるよう、カメラ毎に違う位置に切り欠きを入れてあります。
(ちなみに4番だけは切り欠きなし)

RTSIIの改造点
こちらのカスタムは1/125と1/250秒のシャッターにロックを設けて有ります。
このカメラのシンクロスピードは1/60ですので
この2つにロックを追加した意味は不明です。
ちなみにどちらも巻き上げ強化の後期型。
RTSIIIの改造点
シャッターボタンの受け皿の形状が変わっています。
これは指掛かりが良いですよ。
カスタムされている点はこれくらいであとは私が見た限りノーマルです。

ただひとつ気になる点は今回は”昨日まで使っていた”のではなく
”数年前まで使っていた”というところですが検査機もクリアしているので
全く問題無いとは思うのですが、どう考えるかは皆さんに委ねるしかありません。
さて、どうお考えになりますか?

あっ肝心のお値段はRTSIIが各¥FI.M− RTSIIIは各¥FE.Mです。
ご注文は番号でお願い致します。

こんなMLレンズあるんですか?

本日入荷しましたML50mmF1.4です。
DSC05567
フロント、リアともにオリジナルキャップが付属しています。
DSC05568
程度はほどほど使っていますがレンズはとても綺麗で
ヘリコイド、絞りなど各機能はしっかりとしています。
そう一見、普通のMLレンズです。
でも私はこのレンズを見た瞬間、違和感ありありでした。
というのも、普通のML50mmは
DSC05571
このように前枠に刻印があるのです。
でも今回の商品は
DSC05570
ご覧のように前枠は全くの無刻印。
そして普通50mmF1.4のシリアルナンバーはA○○○○○○○という風に
Aを含めて8ケタなのに
BlogPaint
今回は9ケタあるんですよ。(下2桁加工してあります)
ただ、これについては当店の約100件のML50mmF1.4のデータを
紐解いてみると7年前に一点だけ存在していましたので
かなりレアであることに間違いはありませんが
単純に最後期のモノということなのだと思われます。
しかし、そのレンズが無刻印だった記憶が全くありませんし
もし、そうだったとしたら気が付かないはずがありません。
ということは、このレンズ・・・・刻印忘れちゃった?
はたして、このレンズは9ケタのシリアルで無刻印というバージョンなのでしょうか?
それとも、ド派手にやっちまった系のエラー刻印なのでしょうか?
みなさんはどう思われます?

ML50mmF1.4   ¥-
***** SOLD OUT、 お買い上げ ありがとうございます*****

パスポート

本日の買取品の中におもしろいものがありました。
DSC04794
コンタックスパスポートです。
これは非売品でコンタックスのイベントに参加すると貰えたそうです。
DSC04795
各自パスポートナンバーが発行され
DSC04796
イベントに参加するとスタンプが貰え、このスタンプが10,15,20個
たまると素敵な景品がプレゼントされるという特典付。
ちなみに1984年コンタックスフェアの開催は”帝国ホテル”
当時のコンタックスユーザーのステイタスの高さが伺えます。
DSC04797
DSC04798
中には便利なコンタックス関連情報が多数。
今ではスマホでちょちょいと調べられる情報も当時は各自
必要に応じてメモして持ち歩くしかなく、これは便利だったでしょう。
こんな小粋なコンタックスパスポート。
当時を知る上でも価値があり、しかも非売品で現存数は極僅か。
今回の商品は程度も良くとくれば
さぞやお高いんでしょうね・・・
いいえ。
お値段はズバリ・・・・

個人情報がバッチリと記載されているので販売できません。
チャンチャン。

11年目の初入荷

当店のHP在庫表でRTSIIIは
リアルナンバーで001***から028***まで
ある程度、頭3つ製造番号がわかるように表記してあります。
その理由はRTSIIIが約15年という長い期間に亘って
製造されていたので人それぞれ好みがあって
初期のモノが造り良いという方もいれば
最後期のモノが良いという方もいらっしゃる為ですが
テクニカルマニュアル(修理人の為の本で、その機構や
分解、修理の手順がこと細かく書かれている)を見ると
初期後期で特に大きな変更点は無いみたいで
流石に数百ページあるテクニカルマニュアルを全部読んだ
訳ではありませんので断言はできませんが私が目を通した限りでは
一箇所、A地点を経由していた配線をB地点経由に
変更していたくらいのものですので初期と後期には差はなく
どちらにするかは好みの問題と思いますが
一般的には後期を好まれる方が多いのが実情です。
ちなみに今まで弊社に約1000台入荷したRTSIIIで
一番兄貴で00109*
一番弟で02890* という番号のものでした。
当然000001番から製造されるわけですが
これだけの数を見てきて1000番以下のものが無いということは
工業製品によくある1000番以下は捨て番で
実際の販売品は1001番から始まるものとずーっと思っていたのですが
本日買取させていただいた商品一式の中にポツンと佇むRTSIII。
このRTSIIIが00072*という3桁番号。
何度見ても頭にゼロが3つ並んでいるのです。
いやー、1000番以下って存在していたんですね。
初めて知りました。
DSC04721
BlogPaint
BlogPaint
ピント検査機、シャッター検査機ともに全て正確なのですが
電源を落として、しばらくしてから電源を入れると
一回目の巻上げの反応が一瞬遅い
(0.5秒位、その時も正確な値でシャッターは切れています)という
訳の解らない症状があるので現状販売として
お安く提供させていただきます。
初期番をお探しの方、格安ボディをお探しの方どうぞ。

RTSIII    ABランク     ¥FM.O-
***** SOLD OUT、 お買い上げ ありがとうございます*****

訳有りGB-B1

コンタックス645用のレンズはムターを含めると全部で10本あります。
そのうちTele-Apotessar350/4M、Distagon35/3.5M、Vario-Sonnar45-90/4.5M
そしてムター1.4×Mを除く6本のレンズは全てフィルター径72mmで
統一されています。
さらには、この6本は外爪バヨネットで装着するフードも
同じ形状のマウントとなっていますので
ケラレの問題を無視すれば一つのフードが6本全てに装着できます。
この特徴を利用して販売されたのが今回ご紹介するGB-B1です。
Distagon45/2.8M、Distagon55/3.5M、Planar80/2M
Apo-Makro-Planar120/4M、Sonnar140/2.8M、Sonnar210/4M
に装着でき、蛇腹で長さを調節することで各レンズに最適な
フレアコントロールができるようになっています。
つまり、この6本のレンズをこのフード1つでまかなえてしまうのです。
DSC02886
写真でご覧のようにそれなりに良い状態なのですが
こと細かくチェックしていくと、いろいろな問題が見えてきました。
DSC02887
これは小さな問題ですが蛇腹に一箇所ヤレた部分が(穴は開いていません)。
DSC02889
ネジが少し腐食してます。
DSC02891
ゼラチンフィルターホルダーが欠品。こちら側のネジも腐食と
マウントリングを固定するネジが一本違うものと交換されています。
まあ、どれもこれもフードとして使う上ではさして問題にはなりませんが
チリの積もれば・・・ということで今回は訳有り特価ということでのご提供です。
定価¥35,000-のGB-B1が今回は¥4,800-でいかがでしょう。
先着1名様ですのでお急ぎ下さい。

GB-B1   ¥I.O-

***** SOLD OUT、 お買い上げ ありがとうございます*****

謎のFX-3Super2000

今回はYASHICA FX−3 Super2000
このボディは言わずと知れたコシナ製。
同じプラットホームを利用して他にもいろいろなメーカーに
OEMで供給されていたので、実に多種多様の兄弟機が存在します。
各機種で仕様に僅かな違いはありますがベースは同じカメラです。
ということは、それだけこのカメラと同じベースのカメラが沢山作られたということで
それはこのカメラの優秀さを示しています。
いわば知る人ぞ知る名機とも言える機種です。
ちなみに兄弟機として有名どころでは
ニコンFM−10やオリンパスOM2000などがあります。
さて話しを戻してFX−3 Super2000
当時の定価は¥24,800-という安価なカメラだったので
(ちなみにコンタックス一眼レフ最安値のカメラは139Qの¥66,800-)
トップカバー、底板などいたるところがプラ製で
さすがに安っぽさは否めないのですが
撮影に必要な機能はしっかりと押さえられていて
露出計の表示は+○−のシンプルな表示で分かりやすいし
ファインダー倍率に至っては驚異の0.91倍という
むしろコンタックスS2よりも良いのではと思えるほど
とっても使いやすいカメラなのです。
ただ個人的にはどうしても気になる点がありまして
それがファインダーの色調。
結構な感じで寒色系(青色)に偏っているんですよ。
原因は当時のこのクラスの安価なカメラはコストを下げるために
一眼レフの頭に搭載されているプリズムの蒸着を
コストのかかる銀ではなくアルミにするためらしいのですけど
それがゆえ寒色系(青色)になってしまうらしいのです。
これさえなければ最高のカメラなのに残念でなりません。
今回ご紹介するのはそんなFX−3 Super2000なのですが
な、な、なんとファインダーが寒色系ではないのです。
どうみてもプリズム銀蒸着のそれなのです。
考えられる理由は
1)私と同じことを思っている方が自費で銀蒸着をし直した。
2)何かの手違いで間違えて銀蒸着のプリズムをつけて販売してしまった。
3)このような仕様のものが一時期だけ販売された。
4)そもそもアルミ蒸着なのだが黄変して銀蒸着のように見えるだけ。
くらいなのですが
過去お客様から3)のお話しを数回お聞きしたことがあるので
3)の説が正しいような気もします。
でも、それを裏付けるものは一切無く、正解は藪の中。
とはいえ、そんなことは使う方にはどうでもいい話で
確かに言えるのは、ここにファインダーの色調がコンタックスと同じ
FX−3 Super2000があります。
DSC02744
DSC02745
DSC02746
巻き上げレバーに貼り革があるのが普通のものとは
違うといえば違うのですがこれは自分でも貼れるので
これをもって特別なモノとはいえませんよね。
DSC02742
DSC02743
こちらがファインダー。
明らかに色が違いますでしょう。
もちろん上が今回の商品です。
欲しい方はお急ぎ下さい。

YASHICA FX-3 Super2000   ¥FF.O (ほとんどテカリの無いAB+です)

***** SOLD OUT、 お買い上げ ありがとうございます*****

新年早々レアものですが・・・

あけましておめでとうございます。
新年早々、当店初入荷というレアものが入荷しました。
しかも、ほぼ使用感が無いというコンディションの良さ。
でも・・・
果たして、この商品、知っている方がいらしゃるかどうか・・・
30数年ほど前からコンタックスもノベルティグッズを販売するようになりました。
バッグやジャンパー、帽子にベルト、手袋、Tシャツなど
実にいろいろなものを販売していたのですが
みなさん一度は目にしたことがあるレンズリアキャップに貼ってあるこのステッカー。
DSC02719
実はこれも、そのグッズのひとつとして販売されていたものなんです。
当時販売されていたレンズ15mmから70−210mmまでの23種類を1シートにして
¥400−で販売されていました。
これは凹凸のあるリアキャップの面に
バッチリ張り付きカメラバッグを開ければ目的のレンズを
迷うことなく取り出せるというなかなかの優れもので
今、販売すれば間違いなく売れると思います。(儲からないでしょうけど・・)
今回はそのシールがどさっと大量に・・・・
ではなくて
同じくコンタックスグッズとして
20年ほど前に販売されていたと思われるカメラバッグとジャンパー。
DSC02710
DSC02707
当然、文字はプリントです。
DSC02713
よくわからないけど、こんなヤツ。
サイズはLLみたいですけど、そんなに大きくないような感じ。

DSC02714
DSC02716
DSC02718
こちらはリュックタイプのカメラバッグ。
仕切りもいっぱい入っています。

コンタックスジャンパー   ¥I.
***** SOLD OUT、 お買い上げ ありがとうございます*****

コンタックッスカメラバッグ  ¥H.
***** SOLD OUT、 お買い上げ ありがとうございます*****
お店へのリンク


コンタックス専門店 カメラの極楽堂へようこそ!


ネットショップ フォトベルゼへようこそ!


記事検索
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

    ギャラリー
    • コンタックスモニターキャンペーン
    • コンタックスモニターキャンペーン
    • コンタックスモニターキャンペーン
    • コンタックスモニターキャンペーン
    • ピッタリ10000
    • ピッタリ10000
    • ピッタリ10000
    • マスターレンズ
    • マスターレンズ
    • マスターレンズ
    • 平野ノラを見て思い浮かんだ
    • 平野ノラを見て思い浮かんだ
    • 平野ノラを見て思い浮かんだ
    • なんと4年半ぶりの入荷です
    • なんと4年半ぶりの入荷です
    • A-ランク。Planar 85mmF1.2 50years
    • A-ランク。Planar 85mmF1.2 50years
    • A-ランク。Planar 85mmF1.2 50years
    • A-ランク。Planar 85mmF1.2 50years
    • 何年ぶりだろう?綺麗なa
    • 何年ぶりだろう?綺麗なa
    • 何年ぶりだろう?綺麗なa
    • 何年ぶりだろう?綺麗なa
    • 何年ぶりだろう?綺麗なa
    • Tvsです
    • 2度目の登場RTSソフトケース
    • 2度目の登場RTSソフトケース
    • 2度目の登場RTSソフトケース
    • 番外編2
    • 番外編2
    • 番外編1
    • 番外編1
    • 番外編1
    • 特別なアングルファインダー
    • 特別なアングルファインダー
    • 特別なアングルファインダー
    • 3年半ぶりです。
    • 3年半ぶりです。
    • 3年半ぶりです。
    • 3年半ぶりです。
    • ワインダーバッテリーケース
    • ワールドレンズシール
    • ワールドレンズシール
    • T2?
    • T2?
    • T2?
    • コンタフレックス
    • コンタフレックス
    • コンタフレックス
    • コンタフレックス
    • プロフェッショナルキャリングケースA
    • プロフェッショナルキャリングケースA
    • プロフェッショナルキャリングケースA
    • ホロゴン用P-Filterです。
    • ホロゴン用P-Filterです。
    • RAYQUAL YC-EOS アダプター
    • ソフトボディケースC-71M,未使用
    • 珍品ですが・・・
    • 珍品ですが・・・
    • 数量限定です