副店長のオススメ品

いつもご覧頂きありがとうございます。
副店長を務めますわたくしがオススメする商品を定期的にUPしております。
冗談も交えて楽しく?ご紹介しておりますので、どうか軽く流して下さい。
商品は売り切れ御免です。欲しい商品がございましたらメールまたは電話にてご連絡下さい。
ご利用をお待ちしております。

今さら?プラナー85mmF1.4

コシナ製のOtus55mmF1.4。
いろいろなサイトでその描写を見させていただいているのですが
開放時における周辺部の解像力はすばらしく
今までのレンズとは次元が違うと言っても過言ではないでしょう。
そのOtusの第二段として85mmF1.4が次のフォトキナで
発表されるということが真しめやかに囁かれています。
Otusの名を冠して登場するからには55mm同様の
内容を期待して良い訳で、その描写を早く見てみたいものですね。
ところで先日とあるお客様がタブレット持参でご来店されました。
その方に開放で撮影されたという写真を見せていただいたのですが
その写真を見て中望遠系のプラナーで撮影されたことはすぐにわかりました。
さらにキリッとしたピント面からしてPlanar85mmF1.2もしくはPlanar100mmF2
であろうというところまでは予想できたのですが
正解はなんとPlanar85mmF1.4。
このレンズの開放でこれだけのシャープなピントが出るとは
俄かには信じがたかったのですがEVFの拡大機能を使って正確に
ピントを取ってやるとびっくりするくらいの描写をするらしいのです。
ただし本当にシャープなピント面は恐ろしく薄い。
実際にあれこれ撮影してみました。
カメラはα7+P85/1/4MMJですべて開放撮影JPEG撮って出し
DSC09946
DSC09949
DSC09953
手前のおしべのあたりにピント
DSC09961
何度もピントを取り直して撮影したのですが今度は花の軸の毛のあたりにピント
14倍拡大でピントを確認してシャッターを切るのですが
指をシャッターボタンに移動する間にピントがずれるという
くらい微妙で正確なピントを手持ちで撮影するのはかなり難しい。
DSC09982
最短1m。1〜2mmと思われるピントを探して連写した1枚
DSC09989
こちらも同様の撮影
DSC00003
Otus85mmF1.4の描写は(お値段も)楽しみですが
Planar85mmF1.4もEVFの拡大を利用してみると
フィルム時代では分からなかった、このレンズの本当の実力を発見できますよ。
ちなみに夏らしくオカルトチックに商品を撮影してみました。

Planar85mmF1.4 AEG,MMJ,MMGとも多数在庫ございます。
http://onlyzeiss0.web.fc2.com/zaiko1404-lens.htm


エルノスタータイプ

エルノスターというレンズをご存知でしょうか。
4群4枚というシンプルな設計のこのレンズは
3群3枚のトリプレットの発展系と言われ
トリプレットや3群4枚のテッサーでは実現できない
当時としては明るいレンズを目指し開発されました。
設計はZEISSのレンズ設計者として名高いL・ベルテレ博士で
確かに明るく独特のボケをするという大きな利点はあったのですが
レンズ性能的には各収差の補正が甘くテッサーに比べると
描写性能は今ひとつという感は免れませんでした。
そこでL・ベルテレ博士はこのレンズの設計をさらに発展させて
わずか5年後には誰もが認める名レンズ”ゾナー”を完成させたのでした。
ゾナーの描写性能はエルノスターのそれを全てにおいて凌いでおり
更なる明るさも確保するというまさに理想的なレンズとなったのです。
こうなるとエルノスターの価値はと言えばもはや安価なことだけ
しかしそれであればテッサーがありますので
エルノスターはすっかりその存在意義を失ってしまいました。
その後テッサーとゾナーはZEISSの代表的なレンズとして発展していく一方
エルノスターの存在は完全に忘れ去られてしまったのでした。
結局、僅かな期間しか表舞台に立つことが出来なかった
エルノスターはその希少性から今では高値となっています。

話は変わって、とある日、お客様よりお聞きしたのですが
一眼レフ用のレンズでエルノスタータイプの構成の標準レンズがあるらしいのです
それもその方がお知りの限りにおいてはただ一つだけ。
それはPRAKTICAR 50/2.4。
CarlZeissがドイツが東西に分断されることになった時
東側に帰属することになった、ある意味本家CarlZeissと言っても過言ではない
M42マウントの始祖であるメーカー”プラクチカ”
そのプラクチカがM42の後継マウントとして1978年に発売した
通称プラクチカバヨネットマウントのレンズです。
このマウントは日本では普及する事はなく、かなりマイナーな部類になりますが
CarlZeiss好きには避けては通れないレンズ群です。
しかし私も恥ずかしながらPRAKTICAR 50/2.4は全く触れ合う機会が今までありませんでした。
と言うのもその薄い形状から中身はテッサーだとばかり
思い込んでいていたからです。
でも実際にレンズ構成図を調べてみると4群4枚で
明らかにエルノスタータイプとなっているのです。
(F2.4でテッサータイプではないと気づくべきでしたね)
ということでさっそく試写してみました。
BlogPaint
_MG_0485
_MG_0473
_MG_0467
カメラは5DMkII。
レンズ後部の突起が僅かに干渉するみたいで
縦位置で下向きの時に数回ミラーがひっかかりましたが
撮影しているうちにひっかからなくなりましたので
これならもしひっかかってもヤスリで2〜3回こすれば大丈夫でしょう。
描写の特徴としては、素直な前ボケに対して
後ボケは独特な世界観があります。
好みは分かれるでしょがBiotar58mmF2あたりがお好きな方は
お好きなんではないでしょうか。
DSC00004
DSC00005
DSC00006
こんなに面白いレンズが今はまだ安価であります。
でもいざ探してみると、滅多にお目にかかることがないレンズですので
興味のある方はこの機会にお早めに。


PRAKTICAR 50mmF2.4(EOSマウント付き、前玉小コートスレ)¥11,880−


スライドプロジェクター再び

以前このコーナーでご紹介させていただきました
ZEISS IKONのスライドプロジェクターCX300が
2年半ぶりに入荷いたしました。
今回も商品は使用感の低い綺麗なものですが
付属品は電源コードとリモコン
そしてレンズはZETTAR SPECIAL MC 85mmF2.8となります。
DSC09882
DSC09884
DSC09885
DSC09883
このシールが残っているのは珍しいですね。
お探しの方いらっしゃいましたらお早めに。

ZEISS IKON CX300  ¥6,480-

エラー刻印

人間はミスをします。
工業製品においてそれは不良品になります。
現代においてはメーカーが幾重ものチェックをしているので
以前に比べそれが商品として流通することは稀です。
しかし稀であって決してゼロではありません。
DSC09818
そしてここにエラー刻印?と思われるレンズがあります。
通常のナンバーの前に”0”がついています。
打刻機があれば通常ナンバーの前に”0”を追加することは
できないことはないのでしょうが
一体何のために?という疑問が残ります。
もしライカでエラー刻印があればそれは価値が出るので
お金儲けのためにこのようなことを仕出かす輩がでてもおかしくはないのですが
コンタックスでは以前Distagonのsが2つあるDisstagonという
偽者が作りようの無いミス刻印のレンズがあって個人的には
かなり興奮してご紹介したのですがお客様は誰一人興味を示さず
逆にビックリしたというのが実情ですから、こんなことをしても
金銭的なメリットはないと思うのですが・・・
なぞは深まるばかりです。
とりあえず普通のモノとお値段は同じですから
興味のある方はどうぞ。

Sonnar 90/2.8G AB+   ¥26,800−



コンタックス クリニック

Clinic2

8月1日(金)〜8月3日(日)までの3日間、
カメラの極楽堂ではコンタックス・クリニックを開催致します。
あなたの愛機を診断致します。当店でお求めの商品は無料、
(無料はボディ2台、レンズ3本までとさせて頂きます)
当店でお求めではない商品はボディ500円、レンズ300円にて診断致します。
(診断には、必要に応じて京セラさん所有のと同じ検査機を使います)
お一人様1回30分までとさせて頂きますので、ご了承下さい。
なお、コンタックスブランドのカメラボディ、
またはカールツァイスレンズ以外は対象外とさせて頂きます。
診断時間の効率化のため、ボディには電池を入れてお持ち下さい。
診断の受付時間は11:00-15:00, 17:00-20:00です。
最終日の日曜日は17:30で受付終了とさせて頂きます。
事前のご予約も可能ですのでご利用下さい。
皆様のご利用、お待ちしております。

前玉注意

中古のレンズを選ぶ際、中古カメラ歴の短い方はとりあえず
ガラスにキズのあるものは避けるという傾向が強いのですが
逆に中古カメラ歴の長いベテランになるとあえてキズ有のレンズを選び
そのキズを自分の経験値と照らし合わせて
”このキズなら絶対に写りには関係ない”と見極めて
安価にレンズを買うというスキルが身に付きます。
この判断は経験によってしか得られないものですが
基本的にはレンズのキズは前玉より後玉の方が
画質への影響が大きい。
という大原則はどちらのお客様お持ちのようです。
しかし、その経験値よりもはるかに正確な判断を
デジカメで確認することができるようになった今
いろいろと検証してみると新たな原則として
レンズの焦点距離が短くなればなるほど前玉のキズの
影響は顕著になる。
ということを付け加える必要があります。
BlogPaint
Distagon18mmにキズと見立てた1mmほどのセロテープの破片を貼り付けます。
この状態でF22まで絞り込んでα7で撮影すると
BlogPaint
ご覧の通りはっきりと写ります。
感覚的にはかなり大きく写りすぎているように思えますが
このレンズは前玉回転式でピントリングを回すとこの白いモノも
同じ回転をするので原因がこの貼り付けた1mmのセロテープであることは
誰でも確認できます。
このように実は前玉のキズにもかなり気を使わなければならない18mmですが
その前玉を保護する付属のフロントキャップが実に情けない。
素材が柔らかくキャップをしていても強く押されるとレンズにキズが
付いてしまう代物なのです。
今回はそれを防ぐべく製作された当店オリジナルメタルキャップのご紹介です。
DSC09774
DSC09773
DSC09777
金属製で質感が良く中心部に段差をつけてありますので
レンズをキズつける心配がありません。
その他、外径70mmのレンズP-C Distagon35mmF2.8など
にもお使いいただけますので売り切れる前に
そしてレンズにキズをつけてしまう前に是非どうぞ。

Distagon18mm用キャップ    ¥2,300-

同じくDistagon15mm用キャップ¥3,500-もございますので
このレンズをお持ちの方は合わせてご利用くださいませ。

かなり綺麗なRTS

RTSの委託品が入荷いたしました。
pict-DSC09642
pict-DSC09643
pict-DSC09649
pict-DSC09645
pict-DSC09647
ご覧のようにここ最近ではダントツに綺麗な状態です。
貼り革はもちろんオリジナル。
シンクロキャップもXマークの入ったオリジナル。
レリーズキャップまでオリジナル。
スクリーンはオリジナルのマイクロではないのですが
今では入手困難なスプリットになっています。
pict-DSC09651
さらに3年半前にはなりますが北海道で完璧に整備されていますので
コレクション、実用どちらのご要望にもお答えできる逸品です。
(3年半たっておりますので弊社の計測器で念入りに確認しましたが
シャッター精度、ピント精度ともに完璧ですのでご安心ください)
付属品は修理票コピーとオリジナル取説(残念ながら最後の2ページ角破れ)
オリジナル吊環(やや面長の三角形)となっております。

RTS    ¥UR.−
*** SOLD OUT、 お買い上げ ありがとうございます*****

すごいカメラですね

発売当日さっそくα7Sを試写する機会がありました。
α7S試写
これだけ見ると何の変哲もないつまらない写真ですが
撮影時間18時24分
ISO 12800
撮影レンズ Biogon21mmF2.8G 絞り開放  
驚きました。
さらにさすがに試してはいませんがサイレントシャッター機能を使えば
センサー手前のフォーカルプレーンシャッターは使わない
ということは夢のホロゴンまで・・・・
どこまでいくのか、アダプター遊び最強のカメラ出現です。

ストラップW50

約30年前に販売されていたコンタックスの
ショルダーストラップW50のご紹介です。
このストラップも当時のコンタックスのケースや貼り革に
使われていたクッション性を持たせた革の例に漏れず
ほぼ100%こんな感じにひび割れてしまっています。
DSC07788
ただ今回入荷したW50はご覧の通り片側のエッジ部が
僅かに痛んでいるだけで、このストラップにしては
何年ぶりだろうという状態の良さ。
店頭買取だったのですが思わず保管方法を聞いてしまったくらいです。
(残念ながら特別なことはなにもしていないということでした)
DSC07781
DSC07784
DSC07785
DSC07786
このストラップがこれだけの状態で残っているとは感動的です。
いったいいくらで販売しましょう¥5,000−は堅いな・・・・
と思ってまじまじと見てみると使用感も僅かで刺繍も綺麗。
ところが、あらら、先が短い。
計測してみると約15cm切り落とされているではありませんか。
せっかく、これだけ状態が良いのに世の中上手くいきませんね。
ちなみに、このW50は後期型で初期型は
DSC07789
こんな形をいたしております。

W50   ¥F.C−
*** SOLD OUT、 お買い上げ ありがとうございます*****

番外編

約30年前の私の愛機はキヤノンA-1とT90でした。
その頃、New FD35mmF2.8を常用レンズとしていた私は
A-1にその35mmF2.8を、そしてT90にはNew FD300mmF4を装着という
かなり偏ったレンズ構成で撮影を楽しんでいました。
そろそろもう1本レンズを追加しようと思い立った
私の脳裏に浮かんだのは85mmでも100mmでもなく
もっと広角のレンズでした。
そこで28mmと24mmで悩んだのですが
どうせ買うなら、より画角が広い方が良いだろうという単純な理由で
New FD24mmF2.8を購入しました。
35mmの画角が染み付いていた私の眼にとって
そのレンズの画角は目新しく何を撮影しても新鮮な感覚でした。
これに味を占めた私はその数年後さらに広い画角のレンズを物色し出したました。
そんな時に先輩カメラマンから紹介されたのがTokina 17mmF3.5 RMCでした。
当時はレンズ選びをする際には実際にそのレンズを使っている人の意見を聞いたり
カタログを集めて比較研究したりしていたのですが
中でも一番簡単で購買意欲を掻き立てられたのがカメラ雑誌の記事でした。
それはカメラマンが実際にいろいろなレンズを使って作例を載せて
そのレンズについて感想を書くというようなものなのですが
そこに書かれている記事を読んでいるとレンズ性能は明らかに
カメラメーカー(ニコン、キヤノンなど)≧レンズ専門メーカー(タムロン、シグマなど)という形で書かれていました。
今思えば、その記事を書いているカメラマンが何らかの形でカメラメーカーのサポートを
受けている場合が多く、そのカメラマンが書いている記事は当然・・・ということなのですが
そんな社会の仕組みをまだ理解できていなかった私は
そこに書かれている記事を鵜呑みにし
レンズ専門メーカーのレンズに明らかな偏見を持っていました。
そんな私にその先輩はかなりの熱弁で
Tokina 17mmF3.5 の良さを語っていたのですが
私の耳には
”だったらキヤノンの17mmはもっと良いだろう”
という風にしか聞こえませんでした。
結局私はNew FD17mmF4を購入したのですが
このレンズは私の体質には合わず良い写真が撮れないばかりでなく
このレンズを付けてファインダーを覗くと気持ちが悪くなるという症状まで現れ
わずか数回の使用でこのレンズとはサヨナラをしました。
この原因は不明ですが、その後Distagon18mmF4を愛用していることを
考えると単純に画角が合わなかったということだけではないように思うのですが・・
DSC08121
DSC08122
そんな私の目の前に今Tokina 17mmF3.5 RMCがあります。
店頭での買取だったのですが中玉にヨゴレ、絞りがネバリという状態で
実用では少し厳しいものがありこのレンズの商品価値を考えると
ジャンク品として現状販売というのが普通の選択です。
でも、こんな思い出があるレンズの描写を30年ぶりに確かめたいという
気持ちを抑えきれずレンズ、絞り、ヘリコイド全て調整に出してしまいました。
綺麗に蘇ったTokina 17mmF3.5 RMC。
さっそくテスト撮影をしてみましたが、これがかなり良い。
さすがにコントラスト、発色などは弱い感は否めませんが
歪曲収差の少なさ、周辺部の解像力などかなりのものです。
(ちなみに最短撮影距離は25cm)
DSC08117
α7、開
DSC08118
α7、F16
DSC08119
α7、開
DSC08120
α7、F16

このレンズを着けてファインダーを覗いても気持ちが悪くなるということもなく
あの時、先輩の言葉を信じてこのレンズを買っていたら
私の広角レンズライフも変わっていたかもしれません。


Tokina 17mmF3.5 RMC (Y/Cマウント)  ¥FU.M
-
*** SOLD OUT、 お買い上げ ありがとうございます*****

 
お店へのリンク


コンタックス専門店 カメラの極楽堂へようこそ!


ネットショップ フォトベルゼへようこそ!


記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

    ギャラリー
    • CONTAX WATCH
    • CONTAX WATCH
    • CONTAX WATCH
    • 芸術。バルサム切れ
    • 芸術。バルサム切れ
    • 芸術。バルサム切れ
    • 芸術。バルサム切れ
    • AEだけどMMです
    • これ分かる人いますか?
    • これ分かる人いますか?
    • これ分かる人いますか?
    • お久しぶりですサンニッパ
    • お久しぶりですサンニッパ
    • お久しぶりですサンニッパ
    • T2パンダ?
    • T2パンダ?
    • T2パンダ?
    • 約2年ぶりです、キットバッグII
    • 約2年ぶりです、キットバッグII
    • ダメージ仕様
    • ダメージ仕様
    • ダメージ仕様
    • ダメージ仕様
    • ダメージ仕様
    • ダメージ仕様
    • SAMURAIです。
    • SAMURAIです。
    • SAMURAIです。
    • コンタックスモニターキャンペーン
    • コンタックスモニターキャンペーン
    • コンタックスモニターキャンペーン
    • コンタックスモニターキャンペーン
    • ピッタリ10000
    • ピッタリ10000
    • ピッタリ10000
    • マスターレンズ
    • マスターレンズ
    • マスターレンズ
    • 平野ノラを見て思い浮かんだ
    • 平野ノラを見て思い浮かんだ
    • 平野ノラを見て思い浮かんだ
    • なんと4年半ぶりの入荷です
    • なんと4年半ぶりの入荷です
    • A-ランク。Planar 85mmF1.2 50years
    • A-ランク。Planar 85mmF1.2 50years
    • A-ランク。Planar 85mmF1.2 50years
    • A-ランク。Planar 85mmF1.2 50years
    • 何年ぶりだろう?綺麗なa
    • 何年ぶりだろう?綺麗なa
    • 何年ぶりだろう?綺麗なa
    • 何年ぶりだろう?綺麗なa
    • 何年ぶりだろう?綺麗なa
    • Tvsです
    • 2度目の登場RTSソフトケース
    • 2度目の登場RTSソフトケース
    • 2度目の登場RTSソフトケース
    • 番外編2
    • 番外編2
    • 番外編1
    • 番外編1