副店長のオススメ品

いつもご覧頂きありがとうございます。
副店長を務めますわたくしがオススメする商品を定期的にUPしております。
冗談も交えて楽しく?ご紹介しておりますので、どうか軽く流して下さい。
商品は売り切れ御免です。欲しい商品がございましたらメールまたは電話にてご連絡下さい。
ご利用をお待ちしております。

今から遡ること30年

bf27958f.jpg
当時このストロボセットを持っている人は結構なセレブか、
はたまた原価償却のできる売れっ子カメラマンのどちらかでしょう。
この写真の商品価格の内訳を明記すると、
RTF540セット ¥83,200 
RTF積層パックセット ¥14,200 
RTF外部センサーホルダー100 ¥8,000 
合計¥105,400−!!
記憶が定かではありませんが、確か当時缶ジュースが¥50くらいだったはずですから
缶ジュースが2108本も買えたのです。
その頃は消費税は無かったからまだいいのですが、
もし現在と同じ消費税があったならあと105本追加になります。
こんな高嶺の花で夢のようなストロボが今回な、な、なんと定価の約97%OFF!!でのご提供。
ちなみに現状渡しとなりますが、ちゃんと作動してますし外観もAB+と割と綺麗です。
また、使いかけの積層電池も付いてます。
RTF540セット+その他いろいろ  ¥3,000−
あの頃、このストロボが欲しかったけど買えなかったアナタ、
これであなたもセレブの仲間入り(気分だけ)
***** SOLD OUT *****

ゲンコツ大の中望遠

2e982ade.jpg
旧Contax機↓供↓掘↓a、a用のSonnar85mmF2のご紹介。
このレンズも例に漏れず黒から始まりいろいろなバージョン(8種類は確認されている)が存在するのですが、
今回ご紹介させていただくのは2種類。
まずは左側。1937年頃製造されたCarlZeissJena銘のもの。
このレンズの特徴としては手に取ってみてズッシリとくる真鍮製(重量573グラム)に
クロームメッキされた鏡筒、そしてそこに刻印された距離と被写界深度の目盛りが上下2段に互い違い
(被写界深度のF値2,4,8,16が上段で2.8,5.6,11が下段)になっていること、
もちろんガラスはノンコーティングの白玉。
でも使ったことのある方ならお分かりでしょうが、コーティングが無くてもやわらかくて綺麗な写真が撮れ、
故意に逆光で撮影しない限りかなりいい写りなんです。

次に右側。こちらは1950年頃製造された同じくCarlZeissJena銘ですがTマーク付き。
つまりTコーティングされたもの。
鏡筒は軽金属製でかなり軽量化(重量386グラム)されていますが、少し太身になりました。
でもフィルター径はどちらも49mmと変わりません。
写りはさすがにコーティングしてあるだけあって、白玉に比べるとヌケはいいのですが
現代レンズのようなカリカリした感じが無く好印象。
どちらのレンズにしても現代レンズの描写に見慣れた方にはかなり新鮮に感じられるはずです。
ここ最近、このレンズも見かけなくなってきたのに2本も続けざまに入荷したので紹介してみました。
是非一度お試しください。

左 ¥52,500 (委託品)
右 ¥61,950 (少しレンズ焼け、委託品)
最近、メタボ気味な方は両方買って鉄アレイ代わりにどうぞ。

*** 111番

2d61f315.jpg
コレクターの皆様、お待たせいたしました!
Planar55mmF1.2MMGがこのコーナー初登場です。
わざわざご紹介するには訳があります。まずは付属品。
箱はもちろん4つ。フィルターの箱、フィルターとフードを一緒に入れる箱(フードの箱はもともとありません)、
レンズとケースを一緒に入れる箱、そしてそれらを入れるシリアル一致の外箱。
紙物は無記入保証書、取説、プライスタグ、検査合格証、コンタックスクラブのご案内。こちらもお見事。
ちなみにフィルター、フードも文句なしのAランク。
ここまでは完璧。それではいよいよ本丸のレンズ。
残念ながらレンズはBランク・・・などというオチはなく、こちらも完璧Aランク。
購入してそのまま自宅の防湿庫へ直行。数回は手袋装着で室内撮影してみました。という感じかな?
これだけ完全無欠な商品もめずらしいということで、
Planar55mmF1.2MMG    ¥798,000−(委託品です)
***** OUT OF ORDER *****

いくら綺麗でも、ちょっと高いんじゃないの?
シリアルナンバーの末尾は綺麗に並んだ111です。
あまり細かいことを気にしない方には¥578,000より当社在庫をご用意しております。

黒セット入荷!

6247e9e1.jpg

最近、めっきりお目にかからなくなったG2BLACKセット。
いったい、いつ以来なのだろうと思って調べてみたら、昨年の5月以来、丸々1年ぶりのご無沙汰。
しばらく入荷していないとは思ってはいたのですが、
まさか1年も経っていたとは。しみじみ時の流れは年々速くなるものだと実感してしまいました。
このまま行くとあっという間に・・・
さて気を取り直して商品説明。
この商品、G2BLACKの発売を記念して・・・というか、
単なる販売促進としてセット発売された。
お約束のレンズ3本、TLA200と専用黒フードをセットにしてアルミトランクに入れて販売した超お買い得品。
バラで買うより絶対オトクです。
このカメラ知ってる人も多いとは思いますが、マット仕上げの高級感は実に素晴らしい。
数回使うどころか、脂ギッシュな手で触れただけでテカリが出てきます。
それはそれで年季が出ますが、やはり高級感は薄れてきてしまいます。
今回入荷のセットは文句無しのA5ランク!。失礼、Aランク。
この綺麗なセットを保護するも手篭めにするもあなた次第です。
G2Blackセット   ¥298,000− ***** SOLD OUT *****
今まで綺麗に持ってて下さった元オーナー様にこの場を借りて感謝。

一風変わった標準レンズ

e498b111.jpg

Pancolar50mmF1.8は結構知られたレンズなのですが、
その弟分にあたる50mmF2は知らない方も多いのではないでしょうか。
この当時の多くのレンズに言えることなのですが、
開放値が明るいレンズほど設計に無理があり、
むしろ暗いレンズのほうが性能が良い場合があるのです。
このレンズもご多分に漏れず、実に秀逸なレンズなのです。
F1.8の柔らかさも捨てがたいのですが、もう少しシャープな写りがお好みの方は
むしろこのF2のほうが好みではないかと思います。
左の写真はPancolar50mmF2を同じPancolar50mmF2で
一段絞って最短撮影距離50cmにて撮影したのですが、
しっとりとしながらも周辺までしっかりと描写されているのがお分かりいただけるかと思います。
次に外観の特徴ですが、ピントリングに巻いてある滑り止めが大きな菱型の突起物が
一列にきれいに並んでいるあまり見かけないもので、
かなりデザイン的にインパクトがあります。
しかしこの材質がプラなので破損している固体も多いのですが、
今回の商品はしっかりと原型をとどめています。
あとひとつ、おもしろい機構としてハッセルのCレンズと同様に
絞りリングと連動して被写界深度目盛も動くという凝ったこともしています。
ちょっと変わった50mmレンズをお探しの方、
一度デジカメとアダプターを持って試写しに来てください。

Pancolar 50mmF2  ¥19,950−
四捨五入!じゃなかった、試写歓迎!!

孤高のワイドレンズ

ce4656c5.jpg

1933年に発売された当時の超?広角レンズ。
当時まだ21mmなんぞ発売されていません。
レンズ構成はその名のとおり、3群4枚のまさにテッサー。
この構成で28mmレンズを作るのはかなり大変だったらしく、開放F値がなんと8。
さらに最良の画質を得るためにF11での使用を推奨していたのですから、
いかにこの超広角レンズを作ることが難しかったのかが伺えます。
そして、このレンズは距離計に連動しません。
なぜなら28mmで開放F値が8ですから、
かなりいいかげんな目測で撮影してもピントを外すことはまずないからです。
それでも心配な方はレンズをボディからはずし、
ボディに内臓されている距離計を使って測距し、
マウント(ボディの繰り出しヘリコイド)部に表示された距離を読み取って、
再びレンズを装着し、読み取った距離をレンズの距離目盛に移行すれば大丈夫ですが、
そんなややこしいことをする方はまずいないでしょう。
今回の商品はクロームメッキでヘリコイドを最短にすると、絞りが下にくるタイプ。
探してみると意外にないものですので、お探しの方は一度現物をご覧ください。

Tessar28mmF8  ¥79,800−
***** SOLD OUT *****

レア物出ました

e7ec0023.jpg

この写真では大きさがわかりにくいのですが、
幅32cm、高さ26cm、奥行き(マチ)10cmのよくある感じのカメラバックです。
ただひとつ ”RTS 25”のロゴが誇らしげに型押しされているところを除いては。
ド根性ガエルの町田先生は”教〜師生活25年”ですが(古くてすみません)、
このバックは”CONTAX専門〜店生活5年、初めて入荷しました。”という品物でございます。
”RTS 25”でお分かりの通り、RTSの発売25周年という中途半端な年を記念して、
1990年に販売された非常に地味〜で知っている人もほとんどいないかなりのレアモノです。
ランクはA−。保管時に付けてしまったと思われる小さなキズが2〜3ありますが、
使用感は全くないといってもいいくらいのとてもいい状態の品物です。

RTS25yearsバック  ¥19,800− ***** SOLD OUT *****
もちろん、高級感抜群の牛革製です。

中古で初登場! Makro−Planar50mmF2ZF

8ea84c73.jpg

さて今回は当店、中古で初登場のMakro−Planar50mmF2ZF。
ZEISSがデジタルでの使用も意識して作っただけあって非の打ち所がない、
まさに完璧なマクロレンズ。というのが私の正直な感想。
今回はアダプターを介してEOS−5Dに付けてみたのですが、そのキレの良さはファインダーを覗いた瞬間にわかる。
開放F値が2ということもあるのですが、5Dでもピントのヤマがはっきりと見えます。
さっそくレンズ試写として、いろいろなものを撮ってみたのですが、
あまりの性能の高さゆえ逆に被写体の粗が目立ってしまい、なかなか作例として使えるものがありません。
何かいいものはないかな、と言うことでたどり着いたものがZEISS IKON BODY。
このBODY、このレンズで覗いて見て初めてわかったのですが、その仕上げの良さにビックリ。
撮影距離をどんどん近づけていっても全く仕上げの粗が見えてこないのです。
そしてその質感を見事に再現しているこのレンズにもまたまたビックリ。
(この写真、最短距離開放撮影ですよ!)
カメラもレンズもまさにお見事。と言うほかありません。
いや〜今回はZEISSに、というよりコシナさんにひれ伏せられました。
いまや日本唯一の銀塩カメラメーカーといっても過言ではない株式会社コシナ。
あんたはエライ! いや、あんたは凄い!

Makro−Planar50mmF2ZF  ¥87,800−(専用フード、FR−Cap付き)
A−ランクのとても綺麗な商品です。
尚、新品も御座います。直球価格はTELにてどうぞ。

夫婦カメラ戦争

c392785f.jpg

これはある常連様の身の上話で、ノンフィクションでございます。許可を頂いての掲載です。

ヤツの勘は実に鋭い。
ヤツの察知能力はズバぬけている。
ヤツは私の防湿庫の監視を怠らない。
ヤツの包囲網をかいくぐるのは非常に難しい。
最後にヤツは計算高い。
ボクのカメラ購入計画を察知するとわざと泳がせて、それをエサにジュエリーボックスを太らせてきたのだ。
チキショー! こんな石ころ、1個あれば十分だろ。
ボクがそれらを見るのと同じ目で、ヤツはボクの愛しのカメラたちを見る。

ボクにとってカメラを買うことは大変な秘密工作だ。
諭吉工作も勿論大変なのだが、それ以上にヤツの目から逃れることはもっと大変なのだ。
下手すれば諭吉の倍返しを食らいかねない。倍で済めばまだいいほう。これが怖いのである。

今日はいよいよ決行日。準備に怠りはない。
この日のために1ヶ月前から防湿庫にある短めのレンズを重ね置きして、
2本のレンズを1本のレンズのように見せる小細工を数箇所仕掛けておいたのだ。
これでヤツのレンズ勘定に狂いが生じているはずだ。
食卓の上にあった宝石の通販カタログに油性マジックでマーキングしてあったのが気になるが、まあいいだろう。
しかし後から考えれば、これは見落としてはいけないヤツのサインだったことに、私は気づかなかった。

今日は残業が発生しないよう細心の注意を払い、会社を定時であがって若松河田へ。
獲物は既に定めてある。DistagonT* 35mmF2.8
35mmF2.8というスペックのレンズに悪いレンズはない・・・ということで、わざわざこれを入手することはなかったのだが、
友人の話を聞くとやはりツァイスの写りだと。立体感と色のりに差がつく、とのことなので1度は使ってみたくなったのだ。
予定通りのラップを刻み、店に到着。
20本近くあるターゲットの中から、玉の状態が良いものを選んで外観ランクを落として購入。
それは無地の地味な紙袋に入れて手渡された。実はこれ、かなりポイントが高い。
普通のカメラ屋さんの袋は○○カメラと派手にプリントされていて、この袋から足がつくこともあるからだ。
ここまでは完璧。その紙袋を鞄に入れていざ最終関門へ。
玄関前。チャイムを押す。扉が開き緊張がピークに。
ヤツは笑顔でいつも通りに、「おかえりなさい」・・・いつもと変わらない光景。
しかし、この瞬間に僕の負けは決った。
ヤツの笑顔の奥の鋭い眼光が僕の鞄のふくらみを捕らえている・・・ヤツはこの時を待ち構えていたのだ。

Distagon T* 35mmF2.8 ¥19,800〜  
危険を冒してまで使ってみたいそのレンズは、端正でリアルな再現能力に富んでいた。
次はテッサー45mmでも挑戦してみるか。これなら分るまい。 ん? そう思っているのは私だけか?
やはり女の勘は鋭いのか。ちなみに副店長さんにスバリ言われた。
「レンズの重ね置きはバレるからやめなさい」って。

フィ〜バ〜?

a75d5c39.jpg

CONTAXブランド誕生60周年を記念して作られたカメラボディには、S2とこのT2があります。
S2は正面向かって左に60Yearsの刻印があるだけで、あとは普通のS2と違いはないのですが、
このT2の場合は外装色が全く違っていて金色です。というか、パンダなのだ。
写真のT2 60Years記念モデルは付属品もちょっと特別です。
まずはウォールナット化粧箱、これは”お金をかけて作られています”感たっぷりの質感です。
そして本皮ケース。これも専用に作られ、普通のT2の物とはひと味もふた味も違います。
あと意外と知らない方が多いのですが、ストラップが普通のグレーではなく、黒になっています。
以上・・・
ではなく、この個体の特別なシリアルナンバーをお伝えしなければ・・・
普通のT2の6桁とは違い、60周年記念はA○○○○になっているんです。
そしてここからが今回の商品の肝。
○○○○が全て同じ数字なんです。いわゆるゾロ目というやつです。
その数字までは書けませんが、海物語のハリセンボン、冬ソナのチンスク・・・
パチンコする方ならもうお分かりですよね。

T2 60Years    ¥64,800−(A−ランク)
最近、出てない人はゲン担ぎに買ってみるのもどうかなと。

お店へのリンク


コンタックス専門店 カメラの極楽堂へようこそ!


ネットショップ フォトベルゼへようこそ!


記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

    ギャラリー
    • T2パンダ?
    • T2パンダ?
    • T2パンダ?
    • 約2年ぶりです、キットバッグII
    • 約2年ぶりです、キットバッグII
    • ダメージ仕様
    • ダメージ仕様
    • ダメージ仕様
    • ダメージ仕様
    • ダメージ仕様
    • ダメージ仕様
    • SAMURAIです。
    • SAMURAIです。
    • SAMURAIです。
    • コンタックスモニターキャンペーン
    • コンタックスモニターキャンペーン
    • コンタックスモニターキャンペーン
    • コンタックスモニターキャンペーン
    • ピッタリ10000
    • ピッタリ10000
    • ピッタリ10000
    • マスターレンズ
    • マスターレンズ
    • マスターレンズ
    • 平野ノラを見て思い浮かんだ
    • 平野ノラを見て思い浮かんだ
    • 平野ノラを見て思い浮かんだ
    • なんと4年半ぶりの入荷です
    • なんと4年半ぶりの入荷です
    • A-ランク。Planar 85mmF1.2 50years
    • A-ランク。Planar 85mmF1.2 50years
    • A-ランク。Planar 85mmF1.2 50years
    • A-ランク。Planar 85mmF1.2 50years
    • 何年ぶりだろう?綺麗なa
    • 何年ぶりだろう?綺麗なa
    • 何年ぶりだろう?綺麗なa
    • 何年ぶりだろう?綺麗なa
    • 何年ぶりだろう?綺麗なa
    • Tvsです
    • 2度目の登場RTSソフトケース
    • 2度目の登場RTSソフトケース
    • 2度目の登場RTSソフトケース
    • 番外編2
    • 番外編2
    • 番外編1
    • 番外編1
    • 番外編1
    • 特別なアングルファインダー
    • 特別なアングルファインダー
    • 特別なアングルファインダー
    • 3年半ぶりです。
    • 3年半ぶりです。
    • 3年半ぶりです。
    • 3年半ぶりです。
    • ワインダーバッテリーケース
    • ワールドレンズシール
    • ワールドレンズシール
    • T2?
    • T2?
    • T2?