副店長のオススメ品

いつもご覧頂きありがとうございます。
副店長を務めますわたくしがオススメする商品を定期的にUPしております。
冗談も交えて楽しく?ご紹介しておりますので、どうか軽く流して下さい。
商品は売り切れ御免です。欲しい商品がございましたらメールまたは電話にてご連絡下さい。
ご利用をお待ちしております。

一風変わった標準レンズ

e498b111.jpg

Pancolar50mmF1.8は結構知られたレンズなのですが、
その弟分にあたる50mmF2は知らない方も多いのではないでしょうか。
この当時の多くのレンズに言えることなのですが、
開放値が明るいレンズほど設計に無理があり、
むしろ暗いレンズのほうが性能が良い場合があるのです。
このレンズもご多分に漏れず、実に秀逸なレンズなのです。
F1.8の柔らかさも捨てがたいのですが、もう少しシャープな写りがお好みの方は
むしろこのF2のほうが好みではないかと思います。
左の写真はPancolar50mmF2を同じPancolar50mmF2で
一段絞って最短撮影距離50cmにて撮影したのですが、
しっとりとしながらも周辺までしっかりと描写されているのがお分かりいただけるかと思います。
次に外観の特徴ですが、ピントリングに巻いてある滑り止めが大きな菱型の突起物が
一列にきれいに並んでいるあまり見かけないもので、
かなりデザイン的にインパクトがあります。
しかしこの材質がプラなので破損している固体も多いのですが、
今回の商品はしっかりと原型をとどめています。
あとひとつ、おもしろい機構としてハッセルのCレンズと同様に
絞りリングと連動して被写界深度目盛も動くという凝ったこともしています。
ちょっと変わった50mmレンズをお探しの方、
一度デジカメとアダプターを持って試写しに来てください。

Pancolar 50mmF2  ¥19,950−
四捨五入!じゃなかった、試写歓迎!!

孤高のワイドレンズ

ce4656c5.jpg

1933年に発売された当時の超?広角レンズ。
当時まだ21mmなんぞ発売されていません。
レンズ構成はその名のとおり、3群4枚のまさにテッサー。
この構成で28mmレンズを作るのはかなり大変だったらしく、開放F値がなんと8。
さらに最良の画質を得るためにF11での使用を推奨していたのですから、
いかにこの超広角レンズを作ることが難しかったのかが伺えます。
そして、このレンズは距離計に連動しません。
なぜなら28mmで開放F値が8ですから、
かなりいいかげんな目測で撮影してもピントを外すことはまずないからです。
それでも心配な方はレンズをボディからはずし、
ボディに内臓されている距離計を使って測距し、
マウント(ボディの繰り出しヘリコイド)部に表示された距離を読み取って、
再びレンズを装着し、読み取った距離をレンズの距離目盛に移行すれば大丈夫ですが、
そんなややこしいことをする方はまずいないでしょう。
今回の商品はクロームメッキでヘリコイドを最短にすると、絞りが下にくるタイプ。
探してみると意外にないものですので、お探しの方は一度現物をご覧ください。

Tessar28mmF8  ¥79,800−
***** SOLD OUT *****

レア物出ました

e7ec0023.jpg

この写真では大きさがわかりにくいのですが、
幅32cm、高さ26cm、奥行き(マチ)10cmのよくある感じのカメラバックです。
ただひとつ ”RTS 25”のロゴが誇らしげに型押しされているところを除いては。
ド根性ガエルの町田先生は”教〜師生活25年”ですが(古くてすみません)、
このバックは”CONTAX専門〜店生活5年、初めて入荷しました。”という品物でございます。
”RTS 25”でお分かりの通り、RTSの発売25周年という中途半端な年を記念して、
1990年に販売された非常に地味〜で知っている人もほとんどいないかなりのレアモノです。
ランクはA−。保管時に付けてしまったと思われる小さなキズが2〜3ありますが、
使用感は全くないといってもいいくらいのとてもいい状態の品物です。

RTS25yearsバック  ¥19,800− ***** SOLD OUT *****
もちろん、高級感抜群の牛革製です。

中古で初登場! Makro−Planar50mmF2ZF

8ea84c73.jpg

さて今回は当店、中古で初登場のMakro−Planar50mmF2ZF。
ZEISSがデジタルでの使用も意識して作っただけあって非の打ち所がない、
まさに完璧なマクロレンズ。というのが私の正直な感想。
今回はアダプターを介してEOS−5Dに付けてみたのですが、そのキレの良さはファインダーを覗いた瞬間にわかる。
開放F値が2ということもあるのですが、5Dでもピントのヤマがはっきりと見えます。
さっそくレンズ試写として、いろいろなものを撮ってみたのですが、
あまりの性能の高さゆえ逆に被写体の粗が目立ってしまい、なかなか作例として使えるものがありません。
何かいいものはないかな、と言うことでたどり着いたものがZEISS IKON BODY。
このBODY、このレンズで覗いて見て初めてわかったのですが、その仕上げの良さにビックリ。
撮影距離をどんどん近づけていっても全く仕上げの粗が見えてこないのです。
そしてその質感を見事に再現しているこのレンズにもまたまたビックリ。
(この写真、最短距離開放撮影ですよ!)
カメラもレンズもまさにお見事。と言うほかありません。
いや〜今回はZEISSに、というよりコシナさんにひれ伏せられました。
いまや日本唯一の銀塩カメラメーカーといっても過言ではない株式会社コシナ。
あんたはエライ! いや、あんたは凄い!

Makro−Planar50mmF2ZF  ¥87,800−(専用フード、FR−Cap付き)
A−ランクのとても綺麗な商品です。
尚、新品も御座います。直球価格はTELにてどうぞ。

夫婦カメラ戦争

c392785f.jpg

これはある常連様の身の上話で、ノンフィクションでございます。許可を頂いての掲載です。

ヤツの勘は実に鋭い。
ヤツの察知能力はズバぬけている。
ヤツは私の防湿庫の監視を怠らない。
ヤツの包囲網をかいくぐるのは非常に難しい。
最後にヤツは計算高い。
ボクのカメラ購入計画を察知するとわざと泳がせて、それをエサにジュエリーボックスを太らせてきたのだ。
チキショー! こんな石ころ、1個あれば十分だろ。
ボクがそれらを見るのと同じ目で、ヤツはボクの愛しのカメラたちを見る。

ボクにとってカメラを買うことは大変な秘密工作だ。
諭吉工作も勿論大変なのだが、それ以上にヤツの目から逃れることはもっと大変なのだ。
下手すれば諭吉の倍返しを食らいかねない。倍で済めばまだいいほう。これが怖いのである。

今日はいよいよ決行日。準備に怠りはない。
この日のために1ヶ月前から防湿庫にある短めのレンズを重ね置きして、
2本のレンズを1本のレンズのように見せる小細工を数箇所仕掛けておいたのだ。
これでヤツのレンズ勘定に狂いが生じているはずだ。
食卓の上にあった宝石の通販カタログに油性マジックでマーキングしてあったのが気になるが、まあいいだろう。
しかし後から考えれば、これは見落としてはいけないヤツのサインだったことに、私は気づかなかった。

今日は残業が発生しないよう細心の注意を払い、会社を定時であがって若松河田へ。
獲物は既に定めてある。DistagonT* 35mmF2.8
35mmF2.8というスペックのレンズに悪いレンズはない・・・ということで、わざわざこれを入手することはなかったのだが、
友人の話を聞くとやはりツァイスの写りだと。立体感と色のりに差がつく、とのことなので1度は使ってみたくなったのだ。
予定通りのラップを刻み、店に到着。
20本近くあるターゲットの中から、玉の状態が良いものを選んで外観ランクを落として購入。
それは無地の地味な紙袋に入れて手渡された。実はこれ、かなりポイントが高い。
普通のカメラ屋さんの袋は○○カメラと派手にプリントされていて、この袋から足がつくこともあるからだ。
ここまでは完璧。その紙袋を鞄に入れていざ最終関門へ。
玄関前。チャイムを押す。扉が開き緊張がピークに。
ヤツは笑顔でいつも通りに、「おかえりなさい」・・・いつもと変わらない光景。
しかし、この瞬間に僕の負けは決った。
ヤツの笑顔の奥の鋭い眼光が僕の鞄のふくらみを捕らえている・・・ヤツはこの時を待ち構えていたのだ。

Distagon T* 35mmF2.8 ¥19,800〜  
危険を冒してまで使ってみたいそのレンズは、端正でリアルな再現能力に富んでいた。
次はテッサー45mmでも挑戦してみるか。これなら分るまい。 ん? そう思っているのは私だけか?
やはり女の勘は鋭いのか。ちなみに副店長さんにスバリ言われた。
「レンズの重ね置きはバレるからやめなさい」って。

フィ〜バ〜?

a75d5c39.jpg

CONTAXブランド誕生60周年を記念して作られたカメラボディには、S2とこのT2があります。
S2は正面向かって左に60Yearsの刻印があるだけで、あとは普通のS2と違いはないのですが、
このT2の場合は外装色が全く違っていて金色です。というか、パンダなのだ。
写真のT2 60Years記念モデルは付属品もちょっと特別です。
まずはウォールナット化粧箱、これは”お金をかけて作られています”感たっぷりの質感です。
そして本皮ケース。これも専用に作られ、普通のT2の物とはひと味もふた味も違います。
あと意外と知らない方が多いのですが、ストラップが普通のグレーではなく、黒になっています。
以上・・・
ではなく、この個体の特別なシリアルナンバーをお伝えしなければ・・・
普通のT2の6桁とは違い、60周年記念はA○○○○になっているんです。
そしてここからが今回の商品の肝。
○○○○が全て同じ数字なんです。いわゆるゾロ目というやつです。
その数字までは書けませんが、海物語のハリセンボン、冬ソナのチンスク・・・
パチンコする方ならもうお分かりですよね。

T2 60Years    ¥64,800−(A−ランク)
最近、出てない人はゲン担ぎに買ってみるのもどうかなと。

磁石の威力だぁ〜

0a2f927c.jpg

以前、139QUARTZの人気はご紹介させていただきましたが、
その後継機である159MMは、反面不人気です。
139Qと大きさ重さもさほど変わらず、手巻き式であることも同じ、しかも1/4000秒まである。
シンクロ1/250秒、シャッター優先、プログラムモード搭載と全てにおいて
139のスペックを上回っているのになぜなのでしょう?
答えはただ一つ。
シャッターマグネット故障に陥ると修理ができないという話が広まってしまっているからなのです。
磁力が弱まると、シャッター切れなくなっちゃうんですね。
実は故障率はそんなに言われているほど高いものではないんですけどねー。
それでも心配・・・わかりました。
そんな方にご紹介するのが今回の商品です。

・シャッターレリーズマグネット交換
・シャッターACマグネット修理
・シャッタースピードAE,P調整
・ミラー貼り直し
・ファインダーピント調整
・各部ガバナー点検調整
・巻き上げグリスアップ
・各部点検、クリーニング

これだけ完璧に調整されていれば安心でしょう。
と言うか、ここまで調整されていることが驚きですね。
アキレス腱であるシャッターマグネットは交換済みなのがポイント高いです。
もう、磁力バッチリ。あなたの買う気も吸い寄せてね!
159MM   ¥36,800−(整備票、ストラップ、取説付き)
尚、今ならプラス200円で159専用ケースお付けします。
えっ、送料もサービスして欲しい? うーん。。。電話で交渉して下さい。
***** SOLD OUT *****

残念なお知らせ。。。

ade171c6.jpg
たった5年の短きに渡りCONTAX専門店して営業を続けてきた極楽堂ですが、
不況の波には勝てず、とうとうCanonも扱うことになりました。
ご覧のとおり、Canon旧F−1モントリオールオリンピック記念モデルです。
状態は小さなスレが若干ありますが、使用感はさほどなく
旧F−1にしてはかなり良い状態と言っていいでしょう。
このカメラ、Canonがプロ機として認められることとなった名機です。
(んなこと、分ってますね。失礼しました)
ファインダーも実に見やすく、機械式シャッターなのでいざという時にも安心。
”こんなカメラがCONTAXにあればいいのに・・・”
ん!!!
これ、F−1のFDマウントとちゃうんじゃない?
この下手な写真でそこまで感づいたそこの旦那! スルドイ!
実はこれCONTAXマウントに改造した旧F−1なんです。
マウントアダプターと違って、CONTAX専用マウントに改造してあるので、自動絞りが連動します。
(ただし測光は絞込み測光になります)
つまり先ほどの”こんなカメラがCONTAXにあればいいのに・・・”が現実のものとなったのです。
これを実現させるにのにかかる改造費がオーバーホール込みで¥81,900だそうです。
こんな出物、滅多にあるもんじゃありゃーせん。
Canon旧F−1モントリオールオリンピック記念モデル改造   ¥79,800−

尚、これ一台が売れたら極楽堂はまたCONTAX専門店として心機一転、がんばってまいりますので、
どうかよろしくお願い致します。
***** SOLD OUT *****

モニタープライス?

201f6040.jpg
駄モノファンの皆様、いえいえ実用主義の皆様、大変長らくお待たせいたしました。
お買い得の上級バリオの登場です。
画面隅々までシャープで単焦点に負けてない写りで、開放からバリバリにシャープです。
このレンズ、定価154,000円もしたんですが、
話に聞くとその定価設定はZEISSにしてはかなり格安で、
本当は20万以上の定価設定の予定だったのだそうです。
その分、お求めやすくして多くのツァイスファンに使ってもらいたかったとか。
手間隙かけて、16枚ものレンズをふんだんに使って作られたレンズが今回、
な、な、なんと¥12,800−と¥14,800−でのご提供。
その理由は、中玉にほんのちょこっと(たぶんほとんどの方は気がつかないでしょう)カビがあります。
安いほうにはついでにバルも周辺部に少し出ています。もちろん、どちらも実写には影響なし。
疑い深い方は店頭のEOS5Dにつけて、ご自身の目でその写りをお確かめください。
さすがにこのレンズをこの値段で売るのは個人的にはかなり悲しいものがありますが、
不景気の中、良いものが安く買えることはいいことですね。

Vario−Sonnar T* 28−85mmF3.3−4 MMJ
¥12,800−と¥14,800−の2本をご用意。
一昔前にホロゴンの新品を7万円で買ったアナタ!
コイツもズバリ、使ってちょうだいのモニタープライスです。
***** SOLD OUT *****(大盛況で即日完売。毎度

マクロプラナーは果汁100%?

238fbcd9.jpg

私が小学生の頃、ファンタグレープと言えば、かなりどぎつい色をしていた。
もちろん、当時の私は着色料を使っていることなど知りもせず、喜んで飲んでいました。
しかーし、それを親に内緒で買い食いをして帰れば一発でバレてしまうのです。
なぜなら、それを飲んだら舌がそれと同じ、どぎついグレープ色に着色されてしまうからです。
その後、だんだんと着色料が社会問題になりはじめて、
どぎつい色をしていたファンタグレープがファンタゴールデングレープと名前を変え、
その色もすっかり大人しく、名前の通りの薄い色(りんごジュースの色)になったのです。
最近は着色料も発展を遂げ、比較的害の無い着色料を用いてあのどぎつい色が復権したのです。
やっぱファンタグレープはあの色でなきゃ、飲んだ気がしないですね。
タラコが赤くないと、どうも調子狂っちゃうのと一緒です。
さて本題に入ろう。こちらは健康に問題が生じる訳ではないので、社会問題になることはないのですが、
デジカメのエンジンで着色した写真は私にとってファンタグレープなのです。
(小学生の私であれば喜んでいたのかもしれませんが・・・)
そしてデジタル専用に設計されたレンズは、私にとってはファンタゴールデングレープ。
でも大人になった私は果汁100%のグレープジュースのおいしさを知っています。
着色料はいりません。ただ搾りたてを飲めば、それが一番おいしいのです。

このレンズで花の写真を撮れば、私の言っていることが理解していただけるはずです。
Makro−Planar T* 100mmF2.8  ¥59,800〜
さらに濃いーぃのがお好きな方は、是非ドイツ製をどうぞ。

ちなみに、ファンタはドイツ生まれだって皆さん知ってました?
海外では果汁の入ったファンタも多く売られているんですよ。
軽〜くクモってますけど、実写にはほとんど影響ない特価品39,800あります。
60ミリのマクロより安いかも。
***** 軽くクモったサンキュッパはSOLD OUT *****

お店へのリンク


コンタックス専門店 カメラの極楽堂へようこそ!


ネットショップ フォトベルゼへようこそ!


記事検索
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

    ギャラリー
    • コンタックスモニターキャンペーン
    • コンタックスモニターキャンペーン
    • コンタックスモニターキャンペーン
    • コンタックスモニターキャンペーン
    • ピッタリ10000
    • ピッタリ10000
    • ピッタリ10000
    • マスターレンズ
    • マスターレンズ
    • マスターレンズ
    • 平野ノラを見て思い浮かんだ
    • 平野ノラを見て思い浮かんだ
    • 平野ノラを見て思い浮かんだ
    • なんと4年半ぶりの入荷です
    • なんと4年半ぶりの入荷です
    • A-ランク。Planar 85mmF1.2 50years
    • A-ランク。Planar 85mmF1.2 50years
    • A-ランク。Planar 85mmF1.2 50years
    • A-ランク。Planar 85mmF1.2 50years
    • 何年ぶりだろう?綺麗なa
    • 何年ぶりだろう?綺麗なa
    • 何年ぶりだろう?綺麗なa
    • 何年ぶりだろう?綺麗なa
    • 何年ぶりだろう?綺麗なa
    • Tvsです
    • 2度目の登場RTSソフトケース
    • 2度目の登場RTSソフトケース
    • 2度目の登場RTSソフトケース
    • 番外編2
    • 番外編2
    • 番外編1
    • 番外編1
    • 番外編1
    • 特別なアングルファインダー
    • 特別なアングルファインダー
    • 特別なアングルファインダー
    • 3年半ぶりです。
    • 3年半ぶりです。
    • 3年半ぶりです。
    • 3年半ぶりです。
    • ワインダーバッテリーケース
    • ワールドレンズシール
    • ワールドレンズシール
    • T2?
    • T2?
    • T2?
    • コンタフレックス
    • コンタフレックス
    • コンタフレックス
    • コンタフレックス
    • プロフェッショナルキャリングケースA
    • プロフェッショナルキャリングケースA
    • プロフェッショナルキャリングケースA
    • ホロゴン用P-Filterです。
    • ホロゴン用P-Filterです。
    • RAYQUAL YC-EOS アダプター
    • ソフトボディケースC-71M,未使用
    • 珍品ですが・・・
    • 珍品ですが・・・
    • 数量限定です